【スペック】全長×全幅×全高=4945×1845×1500mm/ホイールベース=2900mm/車重=1700kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC24バルブ(225ps/6400rpm、26.3kgm/4800rpm)/価格=427万3500円(テスト車=523万9500円/特別塗装色ディープブロンズ=5万2500円/セーフティシールドパッケージ=27万3000円/プレミアムインテリアパッケージ+BOSEサラウンドサウンドシステム=64万500円)

日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】

隠された本質 2010.03.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
……523万9500円

2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。

デザインの妙

いかにも室内スペースを優先したビッグキャビンが印象的だった先代に対して、新型フーガは、今どきめずらしいほど古典的なスモールキャビン&ロングノーズスタイルに見える。しかし、その基本骨格は先代のFMプラットフォームの改良型といってよく、ホイールベースも各ヒップポイントも変わっていない……というのは驚きだ。もともと広大な室内空間で定評のあったパッケージを維持しつつ、これだけ“魅せる”スタイリングを実現したデザイン力はちょっとしたものである。

新型フーガで最高価格かつ最速なのは「370GT タイプS」だ。日産版バルブトロニック(VVEL)の最強3.7リッターV6が豪快に吠えまくり、日産自慢のアクティブ4WSでグイングイン曲がり、可変ダンピング式ダンパーなしでも大径20インチホイールをそこそこ履きこなす370GT タイプSは、なるほどインフィニティらしさを純粋培養したような高級セダンである。しかし、今回の主役はフーガ全体の半分以上を占める2.5リッターだ。

ちなみに新型フーガ(海外名:インフィニティM)では3.7リッターをほぼ世界共通で用意するものの、もうひとつの選択肢は市場によって異なる。日本では前記のとおり2.5リッターV6が用意されるが、たとえば北米では5.6リッターV8が、欧州ではディーゼルが用意されることになっており、さらに今年夏以降、V6ベースのハイブリッドが順次追加される。

370GT タイプS以外のフーガは、全車が18インチホイールとなって、アクティブ4WSもつかない。とくにこの250GTは当然ながら新型フーガでは最も穏やかな仕立てのはずだが、それでもその走りは意外なほど鋭く豪快系といっていい。

外観同様、インパネまわりも大胆な造形とされた。写真は、オプションの「プレミアムインテリアパッケージ」装着車。ステアリングホイールやシート表皮、加飾パネルなどが標準車と異なる。
外観同様、インパネまわりも大胆な造形とされた。写真は、オプションの「プレミアムインテリアパッケージ」装着車。ステアリングホイールやシート表皮、加飾パネルなどが標準車と異なる。
メッキと木目が組みあわされた、凝ったデザインのドアトリム。
メッキと木目が組みあわされた、凝ったデザインのドアトリム。

日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る