プジョー、「RCZ」の限定車を発売

2012.10.04 自動車ニュース

プジョー、「RCZ」の限定車を発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年10月4日、スポーツクーペ「プジョーRCZ」に限定車「ONYX(オニキス)」を設定し発売した。

「RCZオニキス」は30台の限定販売で、右ハンドル、6段ATのみの設定。
RCZでは初採用となる「オパール・ホワイト」のボディーに、ブラックの内装が組み合わされ、さらにドアミラーカバーや19インチホイール、フロントグリルもブラックに統一。「黒と白のあざやかなカラーコントラストが特徴」(プレスリリース)という。
価格はHDDナビゲーションを標準装備としながらも、ベース車両から11万円アップの410万円。

「RCZオニキス」の特別装備品は以下の通り。

・19インチアロイホイール「ソルティレージュ」(タイヤサイズ:235/40 R19)
・ブラック・ブレーキキャリパー&ドアミラーカバー(ペルラ・ネラ・ブラック)
・シャイニーブラック・フロントグリル
・オニキス専用ハーフレザーシート(ナッパレザー&ファブリック)
・フロントシートヒーター(座面・背面)
・メタルリング付き革巻きスポーツステアリングホイール
・HDDカーナビゲーション

(工藤考浩)

「プジョーRCZオニキス」
「プジョーRCZオニキス」

プジョー、「RCZ」の限定車を発売の画像

プジョー、「RCZ」の限定車を発売の画像

プジョー、「RCZ」の限定車を発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RCZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョーRCZ R(FF/6MT)【試乗記】 2014.4.17 試乗記 プジョースポールが手がけたハイスペックな「RCZ」に試乗。270psを生み出す1.6リッターターボユニットを搭載する「RCZ R」は、ドライバーに何を語りかけてくるのか? 箱根のワインディングロードを行く。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • プジョーRCZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.7.16 試乗記 デビューから3年を経て、マイナーチェンジが施された「プジョーRCZ」。新たな顔を得た“個性派クーペ”の実力を、あらためてチェックした。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る