英国メーカーのブース紹介【ジュネーブショー2010】

2010.03.08 自動車ニュース
 
イギリスメーカーのブース紹介【ジュネーブショー2010】

【ジュネーブショー2010】コンパクトもスポーツも、イギリスブランドの魅力凝縮

2010年ジュネーブショーでのイギリスメーカー(ブランド)の出展は、エコ一辺倒ではない、趣味性、独自性の強いモデルも多かった。

「MINIカントリーマン」
「MINIカントリーマン」
「アストン・マーティン シグネット」
「アストン・マーティン シグネット」

■新しいプレミアムコンパクト2台

イギリス勢の筆頭として紹介するのはMINI。今回のスターはシリーズ第4のラインナップとして発表された「MINIカントリーマン」だ。クラシック・ミニの時代とは違って、21世紀のカントリーマンは5ドアボディの、しかもSUV的な仕立てとされる。
エンジンラインナップはガソリン3種とディーゼル2種で、なかでも「クーパーS」用には184psの新世代ハイパワーユニットが用意される。また電子制御式フルタイム4WDの「ALL4」も設定されている。

MINIが先鞭(せんべん)をつけたプレミアムコンパクトの分野には、こんなモデルも挑む。「アストン・マーティン シグネット」。そう、トヨタからのOEMによる「iQ」のアストン・マーティン版である。
もちろん、その基本骨格は共通だが、実物を見ると「よくぞ、ここまで……」と感嘆してしまうぐらいディテールがつくりこまれている。アイデンティティとなるグリルが埋め込まれたマスクは、ヘッドランプ部分の処理も含めて実に巧みな造形で、ブランド性うんぬんを抜きにしても、ハッキリ言って本家iQより断然スタイリッシュ。さらに圧巻なのがインテリアで、オールレザー張りのその空間は密度が濃いぶん、他のアストン・マーティン各モデル以上に精緻(せいち)な印象すら漂う。

販売に関する詳細は未発表だが、やはり少なくとも当面はアストン・マーティンオーナー限定の販売となりそうな様子である。そうあるべきだと思いつつも、ちょっと残念な気も。

「ベントレー・ミュルザンヌ」
「ベントレー・ミュルザンヌ」
フェイスリフトされた「ロータス・エリーゼ」。
フェイスリフトされた「ロータス・エリーゼ」。
「エヴォーラ414Eハイブリッド」に搭載されるロータス・レンジエクステンダー。
「エヴォーラ414Eハイブリッド」に搭載されるロータス・レンジエクステンダー。

■新機軸のブリティッシュスポーツも

重厚長大路線を貫くのがベントレー。一番目立つところには、せんだって発表された「コンチネンタルスーパースポーツコンバーチブル」が陣取っていた。最高出力630psを誇る6リッターW12エンジンを搭載し、最高速325km/hをマークする、超ド級のラクシャリーオープンカーである。
いよいよ登場のフラッグシップ、「ミュルザンヌ」も熱い視線を集めていた。最初はギョッとさせたフロントマスクにも、徐々になじんできたような……。

一方、同じスポーツカーでも、まるでベントレーの真逆をいくかのようなプリミティブさが魅力のロータスは、「エリーゼ」のフェイスリフトを敢行。空力特性を向上させたほか、LEDデイタイムランニングライトを埋め込んだヘッドランプの採用など、印象もアップデートされている。また、トヨタ製のエンジンが従来の1.8リッターから、ヨーロッパ向け「オーリス」などに積まれている1.6リッターバルブマチック付きに変更された。最高出力は変わらないが燃費は約2割向上したという。

また「エヴォーラ414Eハイブリッド」も注目の1台だ。ハイブリッドを名乗っているが、実際はEV。搭載されるエンジンはロータスが先に発表済みの“ロータス・レンジエクステンダー”であり、つまり発電専用である。駆動は左右後輪に装着された2基の電気モーターにて行われるのだが、なんとそのスペックは合わせて、車名のとおり414psにも達する。
ロータスは他にもボディ素材のカーボン化を図った「エヴォーラ・カーボンコンセプト」も登場。ワンメイクレース仕様の「エヴォーラ・カップ」のノウハウを注ぎ込んだ、軽量モデルのコンセプトカーである。

イギリスからは他にも「XJ」をデビューさせたばかり、今年が75周年という節目のジャガー、ランドローバー、そしてモーガンなども出展していた。いずれも趣味性の強いメーカーばかりではあるが、だからこそ、この不況下でも影響は大きくないのかもしれない。

(文と写真=島下泰久)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクロスオーバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る