【スペック】全長×全幅×全高=4780×1770×1450mm/ホイールベース=2850mm/車重=1610kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC24バルブ(225ps/6400rpm、26.3kgm/4800rpm)/価格=388万5000円(テスト車=400万5750円)

日産スカイライン250GT Type P(FR/7AT)【ブリーフテスト】

日産スカイライン250GT Type P(FR/7AT) 2010.03.08 試乗記 ……400万5750円
総合評価……★★★★

「日産スカイライン」がマイナーチェンジ。表情がよりシャープになった新型の走りを、新たに7段ATを得た2.5リッターモデルで試した。

新たな見た目が勝負の要

新型「フーガ」を「スカイライン」に似せてきたと思ったら、今度はその「スカイライン」が「フーガ」顔になってしまった。
日産スカイラインが、マイナーチェンジでフロントまわりを変更。海外で同社が展開している「インフィニティ」のブランド戦略が日本市場でも成功するかどうかは未知数だから、パッと見では大から小まで見分けがつかず大量に出回っているように感じられるアウディの戦法を見習った、ということだろう。

いずれにせよ、いまは華流デザインが世界の流行であるから、このクネクネと曲折したボディラインは当分続くのだろう。外から見ると大きく立派に見える反面、中に入ると小さく感じられ取りまわししやすいのが、このデザインの趣旨だろうか。シンプルにしてクリーンな“イタリア流”フォルムがこれまでの流行であったが、最近はラインを途中でうねらせたり、一筆書きに繋げず途中から唐突に合流させてたりする。荒々しさを強調したディテールやランプ類も加勢して、その顔は遠くからでもわかる威嚇型が主流になっている。

これらの世界的な流行は世界中の自動車メーカーが、中国市場を意識している証拠。自然、人工物を問わず、中国でよく目にするデザインを研究した結果だ。確かに中国国内で目にすると、実にしっくりと目に馴染む。ある意味、子供じみた処理と受け取られるものもあるが、たしかに「強さ」は実感される。さらに販売に結びつくとなれば、肯定することにやぶさかではない。

しかしこのデザイン手法も飽きられてきたのか、最近はもう少し洗練されたものになりつつある。フーガやスカイラインは、その流行の末期、次の流れへと模索する途上にあると言える。エンジンやトランスミッション、シャシーなどは、先代のものがリファインされた程度で、基本的な部分は踏襲されているが、すでに高い評価を受けている。よって今回のマイナーチェンジが成功するかどうかはひとえに、この新しいスタイリングが日本市場で受け入れられるか否かにかかっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車 2016.11.7 自動車ニュース 日産自動車は「スカイライン」にデビュー60周年を祝う特別仕様車「60thリミテッド」を設定し、販売を開始した。セミアニリン加工を施した本革シートやオープンポアウッドの装飾パネルなど、カタログモデルとは異なる内装を特徴としている。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
ホームへ戻る