第132回:イタリアの「ミニブス」を何とかしたい! 日本製の快適モビリティの寄贈を願う

2010.03.06 エッセイ

第132回:イタリアの「ミニブス」を何とかしたい!日本製の快適モビリティの寄贈を願う

イタリア旧市街にピッタリなモビリティ

ボクが住むシエナをはじめ、イタリア各地で見かけるものに「ミニブス(ミニバス)」と呼ばれる乗り物がある。イタリアの旧市街は、概して中世・ルネッサンス期そのままのところが多い。そうした街路に9m級の路線バスを走らせるのはかなり難しい。そこで、全長7m前後のミニブスが活躍するわけだ。シート数は折り畳み補助席も含めて10席ほど、定員は立ち席を含めて20人前後である。

歴史を紐解くと、イタリアでミニブスが本格的に普及したのは、1980年代以降という。第1の理由は、旧市街に住む人々の高齢化が進み、よりきめ細かい公共交通機関が必要になったことであろう。第2の理由は、ベッドタウンに住む人が増えたことだ。事実、郊外からゴチャゴチャした旧市街に直接乗り入れられる便利なモビリティが必要になった時期とミニブスの普及はちょうどリンクしている。

ちなみに、近年はイタリアのミニブスもラッピング広告が盛んだ。街路を通過するので、媒体効果がそれなりにあるのだろう。あるバス会社の年間広告料金は1万ユーロ(約120万円)という。ただし、あまりに全身(全車体)ラッピングしすぎて、客としては路線バスか他の貸切バスか、瞬時に判断がつかないときがあることも事実だ。

シエナに今も走るアウトードロモ社製ミニブス「ポリチーノ」。
シエナに今も走るアウトードロモ社製ミニブス「ポリチーノ」。
近年は収入を補うため、ラッピング広告が普及。
近年は収入を補うため、ラッピング広告が普及。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。