「アルファMiTo」に2ペダル式MTモデル登場【ジュネーブショー2010】

2010.03.05 自動車ニュース

【ジュネーブショー2010】「アルファMiTo」にスポーティな2ペダル式MTモデル登場

伊フィアットは、ジュネーブショーに、新しいトランスミッションを搭載した「アルファ・ロメオ ミト 1.4 MultiAir Turbo」を出展した。

アルファ・ロメオの「ミト」は、同社のなかでももっとも小さなハッチバック。1.4リッターエンジンと6段MTを組み合わせる、自称“小さなスポーツカー”である。
それが今回、従来の6段MTに加えて、デュアルクラッチ式の2ペダルMTを獲得。オートマチックドライブもできるようになった。

新しいトランスミッション「アルファTCT」(TCT:ツインクラッチテクノロジーの略)は、フォルクスワーゲンの「DSG」と同様に乾式のクラッチディスクをふたつ備えるもので、トルクコンバーター式のATよりも素早い変速が可能。よりダイレクトな加速感が得られ、スポーティなドライビングが楽しめるとされる。
変速時のパワーロスが少ないことに加え、アイドリングストップ機能も備えることから、ATに比べ燃費も10%ほどすぐれるという。

そんなミトが欧州で走り出すのは、2011年の春。AT車が主流の日本市場では、それに先行して2010年夏ごろに発売される見通しだ。

(webCG 関)


「アルファMiTo」に2ペダル式MTモデル登場【ジュネーブショー2010】の画像

「アルファMiTo」に2ペダル式MTモデル登場【ジュネーブショー2010】の画像
新トランスミッション「アルファTCT」。フィアット・パワートレイン・テクノロジーが開発と生産を担当する。
新トランスミッション「アルファTCT」。フィアット・パワートレイン・テクノロジーが開発と生産を担当する。

「アルファMiTo」に2ペダル式MTモデル登場【ジュネーブショー2010】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る