「スバル・インプレッサXV」がデビュー【ジュネーブショー2010】

2010.03.05 自動車ニュース

【ジュネーブショー2010】スバル、「インプレッサ」ベースのクロスオーバー「インプレッサXV」を公開

富士重工業は2010年3月2日、「スバル・インプレッサ」の派生モデル「インプレッサXV」を、ジュネーブショーで公開した。

■“アウトバック風”のインプレッサ

「インプレッサXV」は、5ドアハッチのインプレッサをベースに、内外装をSUV仕立てにした、スバルの新しい“エントリークロスオーバー”だ。

カスタムの手法は、レガシィのクロスオーバー版「アウトバック」に見られる方法とほぼ同じで、アウトドアをイメージした新意匠のバンパーやグリル、オーバーフェンダー、ルーフレールなどにより、タフなイメージを演出。これら専用エクステリアパーツの装着で、ボディサイズは全長×全幅×全高=4430(+15mm)×1770(+30mm)×1520mm(+45mm)と標準モデルより若干サイズアップしている(カッコ内はベース車との比較)。

インテリアは基本的にはベースモデルと共通だが、シートのインサートやドアトリムのステッチにダークブラウンのカラーをあしらうことで、アクティブな雰囲気が演出された。

欧州向けモデルに設定されるエンジンは、2リッターガソリン水平対向4DOHCと、2リッターディーゼル水平対向4DOHCターボの2種類で、前者が最高出力150ps/6400rpm、最大トルク20.0kgm/3200rpm、後者は最高出力150ps/3600rpm、最大トルク35.7kgm/1800-2400rpmを発生。トランスミッションは、ガソリンには5MTと4AT、ディーゼルには6MTが組み合わされる。

駆動方式は全車4WDを採用。ベースモデル同様、MT車はビスカスLSD付きセンターデフ方式、AT車はアクティブトルクスプリット方式となっている。

(webCG 曽宮)

 
「スバル・インプレッサXV」がデビュー【ジュネーブショー2010】の画像
 
「スバル・インプレッサXV」がデビュー【ジュネーブショー2010】の画像
 
「スバル・インプレッサXV」がデビュー【ジュネーブショー2010】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサXVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • 「スバルAWDオールラインナップ雪上試乗会」の会場から 2016.2.15 画像・写真 2016年2月上旬、北海道千歳市にある新千歳モーターランドを拠点に、報道関係者向けの「スバルAWDオールラインナップ雪上試乗会」が開催された。会場に並んだ、さまざまなスバル車の走りと技術的ハイライトを、写真とともにリポートする。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
ホームへ戻る