クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】4.2 FSI クワトロ:全長×全幅×全高=5137×1949×1460mm/ホイールベース=2992mm/車重=1835kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(372ps/6800rpm、45.4kgm/3500rpm)(欧州仕様車)

アウディA8 4.2 FSI クワトロ(4WD/8AT)/4.2 TDI クワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】

戦う用意はできた 2010.03.04 試乗記 アウディA8 4.2 FSI クワトロ(4WD/8AT)/4.2 TDI クワトロ(4WD/8AT)

アウディのフラッグシップ「A8」がフルモデルチェンジ。洗練の度合いを増したニューモデルは、Lクラスサルーン市場の勢力図を変えるのか?

シャシーから一新

今、プレミアムブランドの中でもっとも勢いがあるアウディといえども、「メルセデス・ベンツSクラス」を筆頭とする強大なライバルが割拠するLクラスサルーンの市場では、まだ挑戦者の立場にある。スペインはマラガにて試乗した、6年ぶりのフルモデルチェンジを受けた新型「アウディA8」は、それゆえに相当な力が注がれていることを、ひしひしと感じさせる上々の出来映えだった。

もっとも、明らかにキープコンセプトの見た目だけでは、意気込みは伝わりにくいかもしれない。しかし、下半身の厚みが増して全体の線や面に抑揚がついたそのボディは、旧型と並べれば新しさは一目瞭然。サイズもより長く、より幅広くなっており、実物は押し出し感を確実に強めている。
そしてなによりその顔、特にそのLEDヘッドランプはインパクト大だ。後ろに迫られたら思わず道を譲ってしまいそうな強面は、理屈抜きにカッコ良いというものではないが、鮮烈な印象をもたらすことは間違いない。

アルミ製のボディは、完全に新しい世代のもの。サイズアップし、剛性を静的ねじりで25%向上させながら、車重は「4.2 FSI クワトロ」で1835kgと、先代モデル(本国仕様)とまったく変わっていないのだ。当然、この数値はライバルに対しても、依然として圧倒的に優位に立つものである。

シャシーも当然、完全に一新されている。フロントデフの位置を前に出して前輪の位置を前進させ、ロングホイールベース化を実現しているのは「A4」などと同様。サスペンションもフロントが5リンク式となるなど、すべて見直されている。しかもギア比可変ステアリングシステムのダイナミックステアリング、さらには後輪左右のトルク配分を可変式とするスポーツディファレンシャルまで設定される。

エンジンはガソリンがV型8気筒4.2リッターFSI、ディーゼルがV型8気筒4.2リッターTDIの2種でスタート、少し遅れてV型6気筒3リッターTDIも投入される。いずれも8段ATが標準装備となる。


アウディA8 4.2 FSI クワトロ(4WD/8AT)/4.2 TDI クワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像 拡大

アウディA8 4.2 FSI クワトロ(4WD/8AT)/4.2 TDI クワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像 拡大
新型「A8」のアウディスペースフレーム(ASF)は新世代のもの。アルミニウムに高強度スチールを組み合わせた、コンポジット構造が採用された。
新型「A8」のアウディスペースフレーム(ASF)は新世代のもの。アルミニウムに高強度スチールを組み合わせた、コンポジット構造が採用された。 拡大
注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ

手書き入力可能な「MMIタッチ」

インテリアの基本的な配列は現行モデルに倣う。しかしデザインは より優雅な線と面で構成されており、洗練度も一層高まった。

目玉は新採用の「MMIタッチ」だ。前方に移された操作系に新たにタッチパッドが備わり、目的地などの手書き文字入力が可能となる。もちろん、日本語にも対応するという。実際、操作はほぼ画面を見たままで行え、しかも書き順認識ということで文字の認識率はかなり高いなど、扱いやすさは格段に増したといえる。相変わらずボタンは少なくはないが……。

静的なクオリティに関してはさすがアウディ、文句はない。しかし動的な意味でも唸らせるのが新しいA8だ。まず快適性が著しく向上している。ボディ剛性の高さに、フリクションを低減したエアサスペンション、さらにはアルミ特有の振動の低減に相当ちからを割いたことも効いているらしく、車体をフラットに保ったまま滑らかなストロークで路面の凹凸をいなす、極上の乗り味を実現しているのだ。

静粛性も上々。風切り音は徹底的に抑えられ、ロードノイズもエンジン音もほとんど侵入してこない。特に、100km/h走行時でもエンジン回転数、約1200rpmで巡航する「4.2 TDI クワトロ」の室内は、まさに息をのむような静けさといえる。


アウディA8 4.2 FSI クワトロ(4WD/8AT)/4.2 TDI クワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像 拡大
MMIコントロールダイヤルの左側に位置するのが、手書き入力を可能にする「MMIタッチ」。
MMIコントロールダイヤルの左側に位置するのが、手書き入力を可能にする「MMIタッチ」。 拡大
荷室容量は先代より10リッター増の510リッター。
荷室容量は先代より10リッター増の510リッター。 拡大

クルマが小さく感じる

フットワークもいい。新レイアウトのパワートレインは前後重量配分を適正化し、ごく小さな操舵にも正確に反応する特性を手に入れた。走り出した瞬間から、クルマが小さく感じられるほどだ。これまでのA8に比べれば、軽さが前面に出ている感じではない。あくまでしっとりとした動きの中に軽さを感じさせるという味付け。ちょっと寂しさもあるが、高級車としては間違いなく進化だろう。

日本導入予定の4.2リッターFSIユニットは、最高出力を22ps増しの372psに引き上げながら、燃費を10.5km/リッター(EU複合サイクル)まで低減している。実用域での力強さも吹け上がりの爽快感も文句無し。より大きな排気量のライバルと比べても、走りにまったく遜色はない。

従来のA8は、オールアルミボディやクワトロといった先進のテクノロジーによって、他には無い独特な走りの個性を獲得していた。しかし一方で快適性にしろフットワークの正確性にしろ、やや物足りなさがあったのは厳然たる事実だ。
しかし新型A8は、その弱点をあらかた克服し、持ち前の長所を一層際立たせてみせた。ライバル達と真正面から戦う用意はできたと言っていい。

そうなると、内容の進化をアピールするには弱い、この保守的な外観がちょっと残念。しかし、この手のサルーンのユーザーは概して保守的なのだとしたら、チャンスはあるのかもしれない。世界で、そしてもちろん来年前半導入という日本で、新型A8がこのセグメントの勢力図を塗り替えることができるのか、注目だ。

(文=島下泰久/写真=アウディジャパン)


アウディA8 4.2 FSI クワトロ(4WD/8AT)/4.2 TDI クワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像 拡大

アウディA8 4.2 FSI クワトロ(4WD/8AT)/4.2 TDI クワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像 拡大
【スペック】4.2 TDI クワトロ:全長×全幅×全高=5137×1949×1460mm/ホイールベース=2992mm/車重=1995kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブターボディーゼル(350ps/4000rpm、81.6kgm/1750-2750rpm)(欧州仕様車)
【スペック】4.2 TDI クワトロ:全長×全幅×全高=5137×1949×1460mm/ホイールベース=2992mm/車重=1995kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブターボディーゼル(350ps/4000rpm、81.6kgm/1750-2750rpm)(欧州仕様車)
拡大

関連キーワード:
A8アウディ試乗記

あなたにおすすめの記事