小さなアストン「シグネット」、デビュー

2010.03.03 自動車ニュース

小さな新型アストン・マーティン、「シグネット」デビュー

英アストン・マーティンは2010年3月2日、高級コンパクトカー「シグネット コンセプト」を発表した。

既報のとおり、アストン・マーティンが開発を続けてきた「シグネット コンセプト」が正式に発表された。

高級スポーツカー専門メーカーとして知られる同社にあっては、異色中の異色。全長3メートルに満たない、超コンパクトモデルである。
この小さなアストン・マーティン、同社によれば「スーパースポーツの動力性能を発揮することが難しい都市部においても、アストン・マーティンの特性と価値を堪能できるクルマ」であり、「プレミアムなコミューターを必要とするお客様にとって理想的な選択肢」(プレスリリース)になるという。

とはいえ、その生いたちは、アストン・マーティンオリジナルではなく、トヨタ自動車とのコラボレーションモデル。ベースとなるのは1.3リッターの「トヨタiQ」で、日本の高岡工場からゲイドンのアストン・マーティン本社工場へと運ばれたのち、内外装にあらためて手が加えられる。

すなわち、他のアストン・マーティン車を思わせるフロントグリルや前後のランプ、サイドのエアスクープを備えるエクステリアに換装、車内もアルカンターラ、アルミといった素材をふんだんに用いたアストン流のインテリアにリフォーム。晴れて「シグネット コンセプト」へと生まれ変わる。

現在はまだ価格や発売時期が明らかにされていないが、まずは欧州のアストン・マーティンオーナーに向けて、シティコミューターとしての販売が予定されている。

(webCG 関)

「アストン・マーティン シグネット コンセプト」
「アストン・マーティン シグネット コンセプト」

小さなアストン「シグネット」、デビューの画像

小さなアストン「シグネット」、デビューの画像
小さなアストン「シグネット」、デビューの画像
小さなアストン「シグネット」、デビューの画像

関連キーワード:
シグネットアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボがコンパクトSUV「XC40」の受注をスタート 2018.1.26 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2018年1月26日、新型コンパクトSUV「XC40」の限定車「XC40 T5 AWD R-Designファーストエディション」の予約注文受け付けを開始した。限定台数は300台で、発表と発売は同年3月を予定している。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る