小さなアストン「シグネット」、デビュー

2010.03.03 自動車ニュース

小さな新型アストン・マーティン、「シグネット」デビュー

英アストン・マーティンは2010年3月2日、高級コンパクトカー「シグネット コンセプト」を発表した。

既報のとおり、アストン・マーティンが開発を続けてきた「シグネット コンセプト」が正式に発表された。

高級スポーツカー専門メーカーとして知られる同社にあっては、異色中の異色。全長3メートルに満たない、超コンパクトモデルである。
この小さなアストン・マーティン、同社によれば「スーパースポーツの動力性能を発揮することが難しい都市部においても、アストン・マーティンの特性と価値を堪能できるクルマ」であり、「プレミアムなコミューターを必要とするお客様にとって理想的な選択肢」(プレスリリース)になるという。

とはいえ、その生いたちは、アストン・マーティンオリジナルではなく、トヨタ自動車とのコラボレーションモデル。ベースとなるのは1.3リッターの「トヨタiQ」で、日本の高岡工場からゲイドンのアストン・マーティン本社工場へと運ばれたのち、内外装にあらためて手が加えられる。

すなわち、他のアストン・マーティン車を思わせるフロントグリルや前後のランプ、サイドのエアスクープを備えるエクステリアに換装、車内もアルカンターラ、アルミといった素材をふんだんに用いたアストン流のインテリアにリフォーム。晴れて「シグネット コンセプト」へと生まれ変わる。

現在はまだ価格や発売時期が明らかにされていないが、まずは欧州のアストン・マーティンオーナーに向けて、シティコミューターとしての販売が予定されている。

(webCG 関)

「アストン・マーティン シグネット コンセプト」
「アストン・マーティン シグネット コンセプト」

小さなアストン「シグネット」、デビューの画像

小さなアストン「シグネット」、デビューの画像
小さなアストン「シグネット」、デビューの画像
小さなアストン「シグネット」、デビューの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シグネットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンの高級小型車「シグネット」は475万円 2011.10.25 自動車ニュース 英アストン・マーティンは2011年10月24日、高級コンパクトカー「シグネット」の日本における販売概要を発表、同日から同社のディーラーネットワークを通じて予約受付を開始した。価格は475万円から。最初の納車は2012年の第1四半期を予定している。
  • 「ボルボV40」に299万円の新たなエントリーモデル登場
    2017.2.2 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「V40」のモデルラインナップに「T2 キネティック」を追加設定し、販売を開始した。299万円という低価格を特徴とし、新たなエントリーグレードとして導入される。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • メルセデス・ベンツが「GLCクーペ」を日本に導入NEW 2017.2.22 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年2月22日、「GLCクーペ」を発表し、同日発売した。「メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ」については同年3月下旬に発売する予定。
  • 【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表 2017.2.17 自動車ニュース 伊フェラーリは2017年2月16日、ジュネーブショー2017(開催期間:3月7日~3月19日)で「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開すると発表した。
ホームへ戻る