小さなアストン「シグネット」、デビュー

2010.03.03 自動車ニュース

小さな新型アストン・マーティン、「シグネット」デビュー

英アストン・マーティンは2010年3月2日、高級コンパクトカー「シグネット コンセプト」を発表した。

既報のとおり、アストン・マーティンが開発を続けてきた「シグネット コンセプト」が正式に発表された。

高級スポーツカー専門メーカーとして知られる同社にあっては、異色中の異色。全長3メートルに満たない、超コンパクトモデルである。
この小さなアストン・マーティン、同社によれば「スーパースポーツの動力性能を発揮することが難しい都市部においても、アストン・マーティンの特性と価値を堪能できるクルマ」であり、「プレミアムなコミューターを必要とするお客様にとって理想的な選択肢」(プレスリリース)になるという。

とはいえ、その生いたちは、アストン・マーティンオリジナルではなく、トヨタ自動車とのコラボレーションモデル。ベースとなるのは1.3リッターの「トヨタiQ」で、日本の高岡工場からゲイドンのアストン・マーティン本社工場へと運ばれたのち、内外装にあらためて手が加えられる。

すなわち、他のアストン・マーティン車を思わせるフロントグリルや前後のランプ、サイドのエアスクープを備えるエクステリアに換装、車内もアルカンターラ、アルミといった素材をふんだんに用いたアストン流のインテリアにリフォーム。晴れて「シグネット コンセプト」へと生まれ変わる。

現在はまだ価格や発売時期が明らかにされていないが、まずは欧州のアストン・マーティンオーナーに向けて、シティコミューターとしての販売が予定されている。

(webCG 関)

「アストン・マーティン シグネット コンセプト」
「アストン・マーティン シグネット コンセプト」

小さなアストン「シグネット」、デビューの画像

小さなアストン「シグネット」、デビューの画像
小さなアストン「シグネット」、デビューの画像
小さなアストン「シグネット」、デビューの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シグネットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストン・マーティン シグネット(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.14 試乗記 アストン・マーティン シグネット(FF/CVT)
    ……544万7050円

    「iQ」ベースのマイクロ・アストン、「シグネット」が日本に上陸。小さな小さな高級車の乗り味は?
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • 「フェラーリGTC4ルッソT」発表会の会場から 2017.3.16 画像・写真 フェラーリがフロントエンジンの4シーターモデル「GTC4ルッソT」を日本で初公開。0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上という動力性能と、4シーターならではの実両性を併せ持つニューモデルのディテールを、写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る