【スペック】トヨタ・パッソ1.3G:全長×全幅×全高=3640×1665×1535mm/ホイールベース=2440mm/車重=940kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(95ps/6000rpm、12.3kgm/4000rpm)/価格=132万5000円(テスト車=163万3700円/VSC&TRC=6万3000円/SRSサイド&カーテンシールドエアバッグ=5万5650円/HDDシンプルナビゲーションシステム&バックモニター=19万50円))

トヨタ・パッソ/ダイハツ・ブーン(FF/CVT)【試乗速報】

女子による女子のためのクルマ 2010.03.03 試乗記 トヨタ・パッソ 1.0+Hana(FF/CVT)/パッソ1.3G(FF/CVT)/ダイハツ・ブーンCL“リミテッド”(FF/CVT)
……169万2950円/163万3700円/131万8000円

トヨタとダイハツの共同開発車「パッソ」と「ブーン」がフルモデルチェンジ。新たにオシャレバージョンも加わったニューモデルを、スーザン史子がリポートする。

女性開発チーム発足

「僕らの想像のつかないこと? そんなのいっぱいありましたよ!」
目を大きく見開き、そういって身を乗り出すのは、「パッソ」チーフエンジニアの鈴木敏夫さん。ロマンスグレーが似合う、アラフィー世代。彼にとって、今回のプロジェクトは驚きの連続。というのも20代を中心とした女性開発チームから飛び出すさまざまな提案は、これまでの常識を覆すものが多く、自分たちの発想にはまったくないものだったからなんです。

「トヨタ・パッソ」と「ダイハツ・ブーン」は、トヨタが商品企画を担当し、ダイハツが設計から生産までを行い、それぞれのブランドで販売する姉妹車。「トヨタ・ヴィッツ」よりも短い全長ながら、十分な広さの室内と燃費の良さがウリのコンパクトカーです。

新型は、基本的にキープコンセプト。全長を40mm伸ばした以外は、ボディサイズはほぼ変わらず。とはいえ、室内幅や室内高が広がり、室内空間には余裕が生まれています。ところが、外観はエッジを利かせた旧型に比べると、イマイチ捉えどころがなく無難にまとめた印象。少々丸みを帯びたデザインになったせいか、輪郭がぼけ、パッと見た感じでは、他のコンパクトカーとの区別がつきにくい。このカタチだけ見て、「欲しい!!」という気にはならないところが残念! 女性がターゲットなら、キュートなキャラクターを打ち出すような、目を引くデザインだったらよかったな。

「トヨタ・パッソ」内装のカットモデル。フロントセパレートシートは、「パッソ」と、「ダイハツ・ブーン」のエントリーモデル「CL」に採用される。
「トヨタ・パッソ」内装のカットモデル。フロントセパレートシートは、「パッソ」と、「ダイハツ・ブーン」のエントリーモデル「CL」に採用される。

トヨタ・パッソ/ダイハツ・ブーン(FF/CVT)【試乗速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.5.30 試乗記 軽自動車で培われたノウハウをどのように生かしているのか? トヨタとの共同開発をやめ、ダイハツ一社が企画から生産までを担って誕生した3代目「ダイハツ・ブーン」。ベーシックな「X“SA II”」グレードを借り出し、その実力を確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る