日産、新型「マイクラ」を初公開【ジュネーブショー2010】

2010.03.02 自動車ニュース

【ジュネーブショー2010】日産、欧州で新型コンパクトカー「マイクラ」を初公開

日産自動車の欧州現地子会社である欧州日産自動車は2010年3月2日、スイスで開催中のジュネーブショーにおいて、新型コンパクトカー「マイクラ(日本名:マーチ)」を初公開した。

4代目となる新型「マーチ」がジュネーブショーでデビューを飾った。
エクステリアは、一目で「マーチ」とわかるアーチ型のサイドウインドウを踏襲しつつ、タイヤを四隅に配した踏ん張り感のあるプロポーションや、大きく開いたフロントグリル、ちょっと低めのウエストライン、車両感覚が掴みやすいフロントフェンダー形状など、使い勝手にも配慮されたデザインが特徴だ。

インテリアは、円形をモチーフにしたセンタークラスターやインストゥルメントパネルなど、親しみやすいデザインとなっている。

欧州に投入される同車のパワートレインは、新開発の1.2リッター直列3気筒ガソリンエンジンを搭載。2011年には、アイドリングストップ機構とスーパーチャージャーによりCO2排出量95g/kmを達成するという、1.2リッター直列3気筒直噴ガソリンエンジンも追加される予定とのこと。
トランスミッションは5段MTに加え、副変速機を備えた小型軽量の新世代CVTが設定される。

これら新開発のパワートレインに加え、高い空力性能と軽量化を追求した設計により、燃費の向上とCO2排出量の低減を図ると同時に、欧州での使用環境にも適した操縦性と高速安定性を備えている(プレスリリース)とのことである。

同車は、3月下旬のタイでの発売を皮切りに、世界160の国と地域で販売される。欧州での発売は本年秋を予定しているという。日本での発売時期は未定。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る