レクサス、コンパクトハッチ「CT200h」を出展【ジュネーブショー2010】

2010.03.02 自動車ニュース

【ジュネーブショー2010】レクサス、コンパクトハッチ「CT200h」を出展

トヨタ自動車は2010年3月2日より開催されるジュネーブショーに、レクサスブランドの新型コンパクトハイブリッド車「CT200h」を出展する。

ハイブリッドシステムを採用したスポーティなコンパクト5ドアハッチバック「CT200h」が、ジュネーブショーでデビューする。同様のコンセプトを持った「LF-Ch」(東京モーターショーなどで出展)の市販版とも言えるクルマで、車名の「CT」は、「Creative Touring vehicle」に由来するものという。

レクサス初となるプレミアムコンパクトセグメントカーは、低重心パッケージを採用したスポーティな味付け。新開発となる高剛性ボディとサスペンション(前:マクファーソンストラット/後:ダブルウィッシュボーン)を採用する。スポーティで躍動感のあるスタイリングは、レクサス共通のデザインアイデンティティ「L-finesse」に基づくものだ。ドライバーのヒップポイントを低く設定するなど、ドライビングの楽しさの演出にこだわったクルマである。
スリーサイズは4320×1765×1430mmで、「トヨタ・オーリス」よりひとまわり大きい程度。ホイールベースは2600mm。

車名の最後に「h」の文字がつくことでわかるように、1.8リッターのアトキンソンサイクルエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。トランスミッションはプリウスなどと同様に、電気式無断変速機が採用され、前輪を駆動する。
通常走行モードのほか、燃費を最優先する「ECO」モード、VSC(ビークル・スタビリティ・コントロール)やEPS(エレクトリック・パワー・ステアリング)、ハイブリッドシステムの制御などをスポーティにする「SPORT」モードも備わる。さらにモーターのみで走行可能な「EVドライブ」モードも設定される。

日本では、2011年初頭に発売予定とのこと。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2014.4.16 試乗記 「LS」「HS」と、マイナーチェンジで劇的なまでにクルマを進化させてきたレクサス。プレミアムコンパクト「CT」はどこまでの変貌を遂げたのか。その実力をチェックした。
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)/CT200h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.25 試乗記 マイナーチェンジを受けた「レクサスCT200h」の見どころは、フロントエンドの「スピンドルグリル」だけではない。ボディー剛性の見直しなど、プレミアムコンパクトカーとしての“体幹”も一段と強化されているという。その仕上がりはいかに?
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
ホームへ戻る