【スペック】全長×全幅×全高=4825×1885×1730mm/ホイールベース=2825mm/車重=1710kg/駆動方式=FF/2.5リッター 直4DOHC16バルブ(170ps/5600rpm、25.0kgm/3900rpm)/価格=339万1500円(テスト車=397万2150円)

日産ムラーノ250XV(FF/CVT)【ブリーフテスト】

日産ムラーノ250XV(FF/CVT) 2010.03.02 試乗記 ……397万2150円
総合評価……★★★★

4WDモデルのみだった「日産ムラーノ」に、FFモデルが登場。個性派SUVの走りは、駆動方式によってどんな違いを見せるのか? 上級「XV」グレードで試した。

“ファミリーカー”の白眉

この「日産ムラーノ」は、アメリカ市場からの帰国仕様車である。SUVといえど「必ずしも4WDでなくとも用途にかなう」というユーザーは多く、たしかに“背の高いセダン”だと思って使えば、ファミリーカーとしてむしろ使いやすい内容を備えている。
そう、ファミリーカーだからといって、背が低くなければならないことはない。広い室内や使いやすさなどが優先されるつくり――とりわけその視点の高さは、女性でも運転しやすく、外がよく見えるから子供たちからも歓迎されよう。ときに心ない高性能車などに威嚇されそうなシチュエーションでも物怖じする必要のない重量級の体躯があれば、安心も広がるというものだ。

だからこのボディに加えて、走行感覚が軽快で、購入費や維持費も安くあがれば万々歳である。それが、新たに追加されたFFモデルだ(ベース価格は300万円を切るし、10・15モード燃費は11.6km/リッター)。4WDでなくともFFであれば、多少の降雪でもFRより走りやすいし、持ち前のロードクリアランスが味方してくれる。詳細は後述するとして、生活臭の感じられるミニバンとは一線を画する、このボディスタイリングも魅力のひとつだ。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
ホームへ戻る