「MINI」に、桜モチーフの特別仕様車

2010.03.02 自動車ニュース

「MINI」に、桜をモチーフにした期間限定の特別仕様車

BMWジャパンは、コンパクトカー「MINI」に、桜をモチーフにした特別仕様車「MINI meets SAKURA. EDITION NIPPON (ミニ・ミーツ・サクラ・エディション・ニッポン)」を設定。2010年3月2日(ミニの日)に予約受付を開始した。

■桜が散るまでの期間限定

この特別仕様車「MINI meets SAKURA. EDITION NIPPON (ミニ・ミーツ・サクラ・エディション・ニッポン)」は、「ミッド・ナイトブラック」のボディに、桜色のミラーキャップなど、従来モデルには設定のない特別アイテムを装備する春限定の特別仕様車。日本市場限定で、「MINI ONE」「MINIクーパー」「MINIクーパー・クラブマン」の3モデルのみに用意される。

ブラックボディに加え、ブラックのヘッドライトやラジエーターグリル、ピアノブラックのインテリアサーフェスなど、内外装を黒基調で統一。人気オプションのクローム・ライン・エクステリアやクローム・ライン・インテリアが装備されるほか、専用デザインとなる桜のモチーフ入りのドアシルプレートやフロアマット、リアハッチに配される桜ステッカーがアクセントとなる。

発売は、桜の開花に合わせ、西日本が2010年3月6日、東日本は3月13日で、「桜が散るまで」の期間限定販売となる。

価格は、以下のとおり。(カッコ内はベース車比)

「MINI meets SAKURA. EDITION NIPPON」
・「MINI ONE」:241.0万円(6MT)/254.0万円(6AT)(+19.0万円)
・「MINIクーパー」:279万円(6MT)/292.0万円(6AT)(+24.0万円)
・「MINIクーパー・クラブマン」:293.0万円(6MT)/306.0万円(6AT)(+17.0万円)

■MINI「ハル ガ キタ」プロジェクト

また、この特別仕様車の発売にあわせ、2010年3月1日から「ハル ガ キタ」プロジェクトをスタート。「MINIが日本に『元気な春』を届ける」というコンセプトのもと、日本各地でイベントを開催。MINI公式ウェブサイトではプレゼントキャンペーンなどが実施される。

詳しい内容は、MINIのウェブサイトへ。
http://www.mini.jp

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
MINI 3ドアMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.25 試乗記 現行型MINIの3モデルが、デビューから4年を経て大幅にマイナーチェンジ。デュアルクラッチ式ATの採用とサスペンションの改良は、このクルマにどんな変化をもたらしたのか? スペイン・マヨルカ島での試乗で感じた、進化の程をリポートする。
ホームへ戻る