「MINI」に、桜モチーフの特別仕様車

2010.03.02 自動車ニュース

「MINI」に、桜をモチーフにした期間限定の特別仕様車

BMWジャパンは、コンパクトカー「MINI」に、桜をモチーフにした特別仕様車「MINI meets SAKURA. EDITION NIPPON (ミニ・ミーツ・サクラ・エディション・ニッポン)」を設定。2010年3月2日(ミニの日)に予約受付を開始した。

■桜が散るまでの期間限定

この特別仕様車「MINI meets SAKURA. EDITION NIPPON (ミニ・ミーツ・サクラ・エディション・ニッポン)」は、「ミッド・ナイトブラック」のボディに、桜色のミラーキャップなど、従来モデルには設定のない特別アイテムを装備する春限定の特別仕様車。日本市場限定で、「MINI ONE」「MINIクーパー」「MINIクーパー・クラブマン」の3モデルのみに用意される。

ブラックボディに加え、ブラックのヘッドライトやラジエーターグリル、ピアノブラックのインテリアサーフェスなど、内外装を黒基調で統一。人気オプションのクローム・ライン・エクステリアやクローム・ライン・インテリアが装備されるほか、専用デザインとなる桜のモチーフ入りのドアシルプレートやフロアマット、リアハッチに配される桜ステッカーがアクセントとなる。

発売は、桜の開花に合わせ、西日本が2010年3月6日、東日本は3月13日で、「桜が散るまで」の期間限定販売となる。

価格は、以下のとおり。(カッコ内はベース車比)

「MINI meets SAKURA. EDITION NIPPON」
・「MINI ONE」:241.0万円(6MT)/254.0万円(6AT)(+19.0万円)
・「MINIクーパー」:279万円(6MT)/292.0万円(6AT)(+24.0万円)
・「MINIクーパー・クラブマン」:293.0万円(6MT)/306.0万円(6AT)(+17.0万円)

■MINI「ハル ガ キタ」プロジェクト

また、この特別仕様車の発売にあわせ、2010年3月1日から「ハル ガ キタ」プロジェクトをスタート。「MINIが日本に『元気な春』を届ける」というコンセプトのもと、日本各地でイベントを開催。MINI公式ウェブサイトではプレゼントキャンペーンなどが実施される。

詳しい内容は、MINIのウェブサイトへ。
http://www.mini.jp

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る