「MINI」に、桜モチーフの特別仕様車

2010.03.02 自動車ニュース

「MINI」に、桜をモチーフにした期間限定の特別仕様車

BMWジャパンは、コンパクトカー「MINI」に、桜をモチーフにした特別仕様車「MINI meets SAKURA. EDITION NIPPON (ミニ・ミーツ・サクラ・エディション・ニッポン)」を設定。2010年3月2日(ミニの日)に予約受付を開始した。

■桜が散るまでの期間限定

この特別仕様車「MINI meets SAKURA. EDITION NIPPON (ミニ・ミーツ・サクラ・エディション・ニッポン)」は、「ミッド・ナイトブラック」のボディに、桜色のミラーキャップなど、従来モデルには設定のない特別アイテムを装備する春限定の特別仕様車。日本市場限定で、「MINI ONE」「MINIクーパー」「MINIクーパー・クラブマン」の3モデルのみに用意される。

ブラックボディに加え、ブラックのヘッドライトやラジエーターグリル、ピアノブラックのインテリアサーフェスなど、内外装を黒基調で統一。人気オプションのクローム・ライン・エクステリアやクローム・ライン・インテリアが装備されるほか、専用デザインとなる桜のモチーフ入りのドアシルプレートやフロアマット、リアハッチに配される桜ステッカーがアクセントとなる。

発売は、桜の開花に合わせ、西日本が2010年3月6日、東日本は3月13日で、「桜が散るまで」の期間限定販売となる。

価格は、以下のとおり。(カッコ内はベース車比)

「MINI meets SAKURA. EDITION NIPPON」
・「MINI ONE」:241.0万円(6MT)/254.0万円(6AT)(+19.0万円)
・「MINIクーパー」:279万円(6MT)/292.0万円(6AT)(+24.0万円)
・「MINIクーパー・クラブマン」:293.0万円(6MT)/306.0万円(6AT)(+17.0万円)

■MINI「ハル ガ キタ」プロジェクト

また、この特別仕様車の発売にあわせ、2010年3月1日から「ハル ガ キタ」プロジェクトをスタート。「MINIが日本に『元気な春』を届ける」というコンセプトのもと、日本各地でイベントを開催。MINI公式ウェブサイトではプレゼントキャンペーンなどが実施される。

詳しい内容は、MINIのウェブサイトへ。
http://www.mini.jp

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • モダンで華やかな特別仕様車「MINIセブン」発売 2016.8.26 自動車ニュース BMWジャパンは2016年8月26日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」の特別仕様車「MINI Seven(セブン)」を発表。同日、販売を開始した。
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • BMW & MINIディーゼルモデル試乗会【試乗記】 2016.6.29 試乗記 この春、BMWグループが小型モデルのディーゼルラインナップを一気に充実させた。注目の1.5リッター直列3気筒ディーゼルエンジンを搭載する「MINIクーパーD」や、「BMW 1シリーズ」初のディーゼル「118d」など、計4モデルに試乗する。
ホームへ戻る