クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】(数値はベースモデルのもの)全長×全幅×全高=4270×1785×1445mm/ホイールベース=2635mm/車重=1320kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(201ps/7800rpm、19.7kgm/5600rpm)/価格=298.0万円(テスト車=522万1015円)

ホンダ・無限シビック タイプR ユーロ(FF/6MT)【試乗記】

選べる幸せ 2010.03.01 試乗記 ホンダ・無限シビック タイプR ユーロ(FF/6MT)
……522万1015円

台数限定で日本に逆輸入されたハイパフォーマー「シビック タイプR ユーロ」。ホンダのスペシャルチューナー“無限”が磨くとどうなる? その実力をワインディングで試した。

キテる見た目にゃワケがある

無限仕様の「タイプR」を目の前にしてまず印象的なのは、圧倒的なボリューム感である。
ちょっとデカ過ぎないか!? とも思う。ノーマルでは「超個性的」とだけ言われていたボディが、無限のフルエアロキットによって「実はとってもデカかった」ということがバレてしまった感じ。(古い例えでなんですが)「深キョンの足はデカかった!」ときの衝撃にも似ている気がする。特にそれを助長しているのが、リアウイングだろう。一連の無限テイストと実際の空力テストによって決められた形状だとは思うが、少し気恥ずかしくもある。

……などと、いきなり文句を付けてるようだが、それは全体的なフォルムがイケてると思えばこそ。明らかにダウンフォースを盛ってくれそうなフロントスポイラーや、そのなかに仕込まれたブレーキ冷却用のエアインテーク、FRP製ボンネットのエアスクープなどを見ていると、さすがワークスならではクオリティと惚れ惚れ。
SUPER GTのマシンのようにエッジの効いたフロントフェンダーは、ホイールハウスには直結していないから、タイヤの回転運動が巻き起こす乱気流を排出することはできないだろうけど、ボンネットと同様に、エンジンからの熱を排出するためのエアスクープは付いている。

そそり立つリアウィングはFRP製。未塗装状態で11万3400円のオプションだ。
そそり立つリアウィングはFRP製。未塗装状態で11万3400円のオプションだ。 拡大
運転席まわりの様子。Aピラーの付け根に鎮座する補助メーターは、水温、油温、油圧がセットになっている。
運転席まわりの様子。Aピラーの付け根に鎮座する補助メーターは、水温、油温、油圧がセットになっている。 拡大
テスト車は、ステンレス製の「スポーツエキゾーストシステム」(19万4250円)を装着済み。三角の輪郭が特徴だったノーマルに代えて、円形のマフラーエンドが顔をのぞかせる。
テスト車は、ステンレス製の「スポーツエキゾーストシステム」(19万4250円)を装着済み。三角の輪郭が特徴だったノーマルに代えて、円形のマフラーエンドが顔をのぞかせる。 拡大
注目の記事PR
  • これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。
    これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。 ホンダアクセス
  • 「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃!
    「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃! ダイソン
注目の記事一覧へ

しっかり働く足まわり

いっぽう、走り出してます感じられるのは、見た目どおりの(?)少々ハードな乗り心地。足元を「ADVAN NEOVA AD08」でキメていることからも、このクルマがサーキットを完全に視野に入れていることは、わかる。ただ、単にそれだけのクルマではないとも感じた。

突き上げはあったとしても、ノーマルのタイプRよりこちらの足まわりのほうが快適だ。ノーマルで起伏のある路面を走ると、速度に関係なくノーズのピッチングがなかなか収まらない。無限仕様より柔らかいのは事実なのだが、投げ出されるように上下するからかなり不快なのである。

無限ダンパーは、フロントの伸び側初期減衰力領域(ハイスピード領域という)を素早く立ち上げ、そんなピッチングを抑えてくれる。それでも伸び側の最終的な領域(ロースピード)をスローにしてあるので、しなやかにサスペンションが伸びてくれるのだ。ただしスポーツ走行を見越して、縮み側の初期領域(ハイスピード)を早めに減衰力を立ち上げふんばり感を出しているために、突き上げが少々出る。そう感じた。

個人的には、この初期の縮み(ハイスピード)をもう少し緩やかに立ち上げた「ストリート用ダンパー」を別に売り出しても良いのでは? と思ったほど。現状でも、タイヤを「AD08」より柔らかいコンパウンドのものに換えただけで、調和がとれるのかもしれない。
実際、スプリングレートをチェックしてみれば、ノーマルに比べてフロントが115%、リアも140%しか上がっていない。しっかりダンパーに仕事をさせてるタイプのサスペンションと見た。

用途にあわせてご使用ください

もうひとつ見事なのは、ブレーキパッド「Type competition」だ。Sタイヤ装着にも対応する耐フェード性を持つにもかかわらず、街中でのペダルタッチが自然。唐突に効くようなことはない。無限といえば先頃発売になった4ポッドのモノブロックキャリパー&ローターキットもマニア垂涎の一品だが、コストを考えれば、パッドだけでもバッチリ! である。

セダンの「タイプR」に比べて24ps低い201psのエンジンは、スタビリティが上がったボディに対しては完全にアンダーパワーだった。エアクリーナーボックスからエキゾーストマニフォールド、マフラーまでを専用としたことで排気レスポンスは高まるが、パワーがセダン版(225ps)並みに上がるというわけではない。音量も時代を考慮して控えめだ。

そんな動力を受け止める“強化”クラッチの踏力も、名前を意識させるほどの重さはなく、強いて気になる点を挙げるなら、機械式のLSDが街中において走りのリズムをギクシャクさせたことくらい。それとて、作動制限が高すぎて路地を曲がれない、なんてこともない。
このクルマの本当の実力を測るインプレは、ステージをクローズドコースに移してからにしたいと思うが、そんなサーキット仕様の無限パーツを“てんこもり”状態にしていながらもストリートに充分対応していることは、大きく評価できる。

2010台限定の「タイプR ユーロ」を手に入れられたラッキーなオーナーは、無限パーツを自分の走るステージに合わせて選択できる、幸せなユーザーでもあるわけだ。

(文=山田弘樹/写真=峰昌宏)


ホンダ・無限シビック タイプR ユーロ(FF/6MT)【試乗記】の画像 拡大
フルオプションでも上からの眺めがさほど変わらないエンジンルームだが、エキパイやクラッチ板など、パフォーマンスを引き上げる重要パーツが組み込まれている。
フルオプションでも上からの眺めがさほど変わらないエンジンルームだが、エキパイやクラッチ板など、パフォーマンスを引き上げる重要パーツが組み込まれている。 拡大
コクピットの様子も、ノーマルとほぼ同じ。インパネに見えるデジタルメーターは「i-TCMS(インテリジェント・タイヤ・モニタリング・システム)」で、無線を使って四輪それぞれの空気圧と温度をチェックすることができる。7万6650円なり。
コクピットの様子も、ノーマルとほぼ同じ。インパネに見えるデジタルメーターは「i-TCMS(インテリジェント・タイヤ・モニタリング・システム)」で、無線を使って四輪それぞれの空気圧と温度をチェックすることができる。7万6650円なり。 拡大
高速道路をひた走る、「無限シビック タイプR ユーロ」。派手なエアロパーツと鍛造ホイールが個性を主張する。なおホイールの色は、テスト車のブロンズのほかガンメタリックも選べる。
高速道路をひた走る、「無限シビック タイプR ユーロ」。派手なエアロパーツと鍛造ホイールが個性を主張する。なおホイールの色は、テスト車のブロンズのほかガンメタリックも選べる。 拡大

装着パーツ

【試乗車「無限シビック タイプR ユーロ」の装着パーツ】
フロントエアロバンパー=11万3400円/エアインテークガーニッシュ=2万3100円/リアエアロバンパー=10万2900円/フロントスポーツグリル=3万6750円/フロントエアロフェンダー=8万4000円/エアロボンネット=12万3900円/リアウィング=11万3400円/ハイパフォーマンスエアクリーナー&ボックス=9万2400円/フィルターエレメント=1万500円/スポーツエキゾーストシステム=19万4250円/エキゾーストマニホールド=26万400円/ハイパフォーマンスエンジンオイルREV-R=1万290円/ハイパフォーマンスオイルエレメント=2730円/オイルフィラーキャップ=7350円/イグニッションコイルカバー=3万3600円/LSD=14万4900円/ブレーキパッドtype competition(フロント左右)=2万6250円/ブレーキパッドtype competition(リア左右)=2万1000円/ミクロメッシュブレーキライン=3万6750円/ハイパフォーマンスブレーキフルード=3150円/リザーバータンクカバー=1260円/スポーツサスペンション=15万7500円/アルミホイール「GP」(4本)=29万4000円/i-TCMS(タイヤモニタリングシステム)=7万6650円/ホイールセンサー=1万500円/ヘプタゴンナットセット=1万500円/ホイールナット&ロックセット(ブラック)=9240円/アシストメーター=12万6000円/クイックシフター=2万1000円/無限メタルロゴエンブレム(ホワイト)=7140円/カーボンナンバープレートガーニッシュ=1万290円/ナンバープレートボルト=2415円

関連キーワード:
シビックホンダ試乗記

あなたにおすすめの記事