第131回:ああ、早くコレを読んでいれば……イタリアの自動車雑誌に学ぶ

2010.02.27 エッセイ

第131回:ああ、早くコレを読んでいれば……イタリアの自動車雑誌に学ぶ

イタリアの『クアトロルオーテ』誌。人気女性タレントを起用することも。
第131回:ああ、早くコレを読んでいれば……イタリアの自動車雑誌に学ぶ

広告が痛い 自動車誌が痛い

この原稿が公開される頃、二玄社の自動車雑誌『NAVI』4月号が発売されているはずだ。本欄の多くの読者がご存知のとおり、『NAVI』誌はこの号をもって休刊する。報道されたところによれば、広告収入の減少が厳しかったらしい。それを裏付けるように、ちょうど本稿を書き始めた月曜日には、電通によって「2009年 日本の広告費」が発表された。雑誌の広告費は前年の4分の3、クライアント業種別では自動車の広告費が30%減だった。これは自動車誌にとって確かに痛い。

イタリアの自動車雑誌も、広告減による減ページ現象が起きている。この国を代表する月刊自動車誌『クアトロルオーテ(QUATTRORUOTE=4輪)』のバックナンバーを、本棚から引っ張り出して開いてみた。
たとえば、ページ数を見てみると5年半前の2004年6月号は410ページある。同誌におけるこの頃の広告は華やかだ。ロレックスやヴェルサーチ、銀行、政府(保健省)、さらにはミハエル・シューマッハがパソコンを打っているUMTSインターネットカードなどなど、自動車以外のさまざまなクライアントが広告を出している。

さらに号を遡ると、ピニンファリーナの広告が入っている号もあった。フォーリセリエ(一品製作)のクルマをオーダーできる人は限られているから、企業のイメージアップ広告以外の何者でもない。こういってはナンだが、こんな即効性不明な広告でさえ入っていたのだ。

それに対して、今手元にある最新号2010年2月号の総ページ数は、36ページ減の374ページだ。もちろん、前述のような突飛なジャンルの広告は、もはや見当たらない。この出版社にとっても、広告減は目下直面している問題なのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。