647psのコルベット「ZR1」、日本導入へ

2010.02.26 自動車ニュース
「シボレー・コルベットZR1」
647psのコルベット「ZR1」、日本導入へ

647psのコルベット「ZR1」、日本導入へ

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、ハイパフォーマンスモデル「シボレー・コルベットZR1」を日本に導入すると発表した。

ドイツの有名コース「ニュルブルクリンク」でのタイムは、7分26秒4を公称。単なる“直線番長”にあらず!?
647psのコルベット「ZR1」、日本導入へ

「ZR1」は、アメリカンスポーツ「コルベット」の最強バージョンだ。2008年1月のデトロイトショーでデビューを果たし、このたび2010年モデルとして、日本の道を走ることとなった。

ハイライトは、なんといってもその強心臓。同社の「パフォーマンスビルドセンター」で手組みされるスーパーチャージャー付きの6.2リッターV8エンジンは、647psと83.5kgmを発生。「ポルシェ911ターボ」(480ps、63.2kgm)のスペックを大幅に上回り、フェラーリのフラッグシップ「599」(620ps、60.1kgm)をも凌ぐ。
ローンチコントロール付きの6段MTを介して発進すれば、3.4秒で60mph(=96km/h)に到達。そのまま330km/hのトップスピードまで加速できるという。

シャシーには、ハイパフォーマンスグレード「Z06」と同様、軽量高剛性なアルミニウムフレームを採用。足まわりは、サスペンションが「レーシングレベル サスペンション」となり、電子制御のマグネティックセレクティブライドコントロールにも専用チューニングが施される。ブレーキには、ブレンボ製のカーボンセラミックディスクローターが奢られる。
強大なパワーを受け止めるタイヤのサイズは、フロントが285/30ZR19、リアは335/25ZR20だ。

外観上は、カーボン製のルーフやボンネットフロントフェンダー、さらに専用デザインのアルミホイールやリアエンドに設けられたスポイラーなどが特徴で、オープンモデルは用意されない。

価格は、ハイパフォーマンスグレード「Z06」よりさらに500万円ほど高い、1490.0万円(6MT、左ハンドルのみ)。発売時期は2010年8月が予定されている。

(webCG 関)

関連キーワード:
コルベットシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • 第62回:謎の快音マフラーふたたび(その1) 2017.10.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第62回は「謎の快音マフラーふたたび(その1)」。暑い夏を前に、いったん休んでいたフェラーリ話が復活! 筆者が“赤い玉号”に用意した、新たな戦闘力とは? マフラー作りに賭けるあの工房を訪ねる。  
ホームへ戻る