【スペック】全長×全幅×全高=3995×1685×1475mm/ホイールベース=2470mm/重量=1080kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(85ps/5000rpm、13.5kgm/3800rpm)/価格=203.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ポロ 1.4コンフォートライン(FF/7AT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・ポロ 1.4コンフォートライン(FF/7AT) 2010.02.26 試乗記 ……203.0万円
総合評価……★★★★

コンパクトボディ、ドイツ車らしい硬質な走りが好評の「ポロ」。新たにDSGを搭載し、燃費が向上した5代目をテスト。

フォルクスワーゲン・ポロ1.4コンフォートライン(FF/7AT)【ブリーフテスト】

もっとも入りやすいドイツ車

新型「ポロ」の国内発売は昨年10月のことだったが、初週でいきなり1300台を受注するなど、リーマンショック以来あまり芳しくない輸入車業界では数少ない、いいニュースを提供してくれた。
さもありなん……と思う。日本でドンピシャに使いやすい節度あるサイズを守りつつ、パッと見では「ゴルフ」となんら変わりない高級感。先代以上にドイツモノの堅牢・高精度がわかりやすい、パリッとしたスタイリング。DSGというフォルクスワーゲン自慢のハイテクをしっかり押さえつつ、価格はほぼ200万円ちょうど……。既存の輸入車ファンをつなぎとめて、かつ国産車からの流入を促すのに、少なくともハードウェアに死角なし。

実際に基本性能や品質などの進化はいちじるしい。基本パッケージは先代と変わらず、いかにも使いやすいサイズだが、走行に多大な影響を与える前後トレッドは大幅拡大、内外装のクオリティは少なくとも先代「ゴルフV」には匹敵し、それでいて車両重量は先代比で60kgの軽量化に成功。今この瞬間において、だれも異を唱えられない王道モデルチェンジといっていい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション(FF/7AT)【試乗記】 2015.11.10 試乗記 JC08モード計測値は23.4km/リッター。「フォルクスワーゲン・ポロ」に、燃費を突き詰めた「ブルーモーション」が登場した。1リッター直3ターボを搭載した、300台限定の“燃費スペシャル”の実力はいかに? ワインディングロードや高速道路での走りも併せて報告する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る