第108回:最新メルセデスでセーフティドライブを学ぶ

2010.02.26 エッセイ

第108回:最新メルセデスでセーフティドライブを学ぶ

メルセデス・ベンツが一般ユーザー向けに展開するドライビングプログラム「メルセデス・ベンツ ドライビング エクスペリエンス」、記念すべき日本での第1回目に、スーザン史子が参加した!

会場には、最新のメルセデス・ベンツが勢ぞろい。
第108回:最新のメルセデスでセーフティドライブを学ぶ
試乗前にドライビングポジションについて説明する、レーシングドライバーの松田晃司氏。
第108回:最新のメルセデスでセーフティドライブを学ぶ
第108回:最新のメルセデスでセーフティドライブを学ぶ

「走る、曲がる、止まる」をたしかめる

メルセデス・ベンツ日本としては初の試みとなる、一般ユーザーを対象にした「メルセデス・ベンツ ドライビング エクスペリエンス」が、2010年2月18日、19日の2日間、大磯プリンスホテルで開催されました。
今回実施されたのは4時間の半日コース。パイロンコースでのアクティブセーフティ試乗、公道での最新ラインナップ試乗に加え、ジャーナリストによる基調講演もアリの充実のプログラムです。
現メルセデス車オーナーなら1回3000円というリーズナブルな価格で参加できるし、オーナー以外の方でも5000円という良心的な価格設定。今回のイベントでは、東京や神奈川を中心に、関西や東北からの参加者もあるなど、注目度の高さがうかがえます!

さっそくアクティブセーフティ試乗へ。ここでは「緊急回避」「スラローム」「旋回ブレーキ」、そして「ハンドリング」と、4つのセクションからなるパイロンコースを走ります。

まず、「緊急回避」では、スタートから70km/hまでアクセルを全開にし、パイロン手前で急ブレーキ、そして急ハンドルを切るという一連の動作を行います。
普段、急ブレーキを踏む場面ってなかなかないのが現実ですよね。かく言う私も久しくこのテの走りから遠ざかっていたせいで、最初はつい気後れして無意識のうちに途中で緩めてしまいましたが、何度かやっているうちに勘が戻ってきました。いざという時はクルマが止まるまでブレーキは緩めない。これは鉄則ですね!

「スラローム走行」では一定の間隔に置かれたパイロンの間を通過し、車両の安定性や操作性を体感します。ここは早めにハンドルを切って、リズムよく。
「旋回ブレーキ」では、スタートから70km/hまでアクセルを全開にし、コーナーの手前で急ブレーキ。水が撒かれて滑りやすくなった路面でも、安定した姿勢でブレーキングができました。そして最後に「ハンドリング」。クルマの基本的な動作である、走る、曲がる、止まるがきちんと行えるかどうかを確かめます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ