VW「パサートCC」「トゥアレグ」装備・仕様を見直し

2010.02.24 自動車ニュース
「パサート CC 2.0TSI」
VW「パサートCC」「トゥアレグ」装備・仕様見直し

フォルクスワーゲン「パサートCC」「トゥアレグ」装備・仕様を見直し

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、4ドア4シータークーペ「パサートCC」とSUV「トゥアレグ」の仕様・装備を一部見直し、2010年3月より発売すると発表した。

 
VW「パサートCC」「トゥアレグ」装備・仕様を見直しの画像
「パサートCC V6 4MOTION」
「パサートCC V6 4MOTION」

「パサートCC 2.0TSI」が購入補助金対象車に

「パサートCC」シリーズは、パワートレインの改良による燃費性能の向上と、安全・快適装備の充実が図られた。

ベーシックグレード「2.0TSI」は、6段トルコンATだったトランスミッションを6段DSGに変更。エンジンの改良とあわせ、カタログ燃費(10・15モード)は11.8km/リッターと従来より13%向上した。また、平成22年度燃費基準+10%を達成し、13年超の廃車を伴う新車購入補助金の対象車となった。
上級グレード「V6 4MOTION」の燃費も、エンジンプログラムが改良され、従来より16%アップの10.2km/リッターに。装備面では、17インチのタイヤ・ホイールが18インチにサイズアップ。ホイールデザインも一新された。さらに、安全装備として、意図しない車線の逸脱を感知するとステアリングを補正したり、警告音でドライバーに危険を知らせる「レーンキープアシストシステム“Lane Assist”」を搭載。
また、両グレードともにリアビューカメラ“Rear Assist”が装備された。

価格は、「2.0TSI」が506.0万円、「V6 4MOTION」は620.0万円。

「トゥアレグ V6」
「トゥアレグ V6」
 
VW「パサートCC」「トゥアレグ」装備・仕様を見直しの画像

■「トゥアレグ」V6モデルのみに

次期モデルのデビューを控える「トゥアレグ」は、ラインナップが整理され、V6モデルのみとなった。インテリアでは、レザーシートや前席パワーシート、前席パワーランバーサポート、前席シートヒーターなどを標準装備し高級感をアップ。

一方で、タイヤ・ホイールのサイズを18インチから17インチにサイズダウン。また、スマートエントリー&スタートシステムやパドルシフトなど、一部装備が廃止された。

価格は、従来より18.0万円安の559.0万円。

(webCG ワタナベ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグV6アップグレードパッケージ(4WD/8AT)【試乗記】 2015.7.1 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が見直された、フォルクスワーゲンのフラッグシップSUV「トゥアレグ」。試乗してみると、その地道なリファインの成果がまざまざと見えてきた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る