VW「パサートCC」「トゥアレグ」装備・仕様を見直し

2010.02.24 自動車ニュース
「パサート CC 2.0TSI」
VW「パサートCC」「トゥアレグ」装備・仕様見直し

フォルクスワーゲン「パサートCC」「トゥアレグ」装備・仕様を見直し

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、4ドア4シータークーペ「パサートCC」とSUV「トゥアレグ」の仕様・装備を一部見直し、2010年3月より発売すると発表した。

 
VW「パサートCC」「トゥアレグ」装備・仕様を見直しの画像
「パサートCC V6 4MOTION」
「パサートCC V6 4MOTION」

「パサートCC 2.0TSI」が購入補助金対象車に

「パサートCC」シリーズは、パワートレインの改良による燃費性能の向上と、安全・快適装備の充実が図られた。

ベーシックグレード「2.0TSI」は、6段トルコンATだったトランスミッションを6段DSGに変更。エンジンの改良とあわせ、カタログ燃費(10・15モード)は11.8km/リッターと従来より13%向上した。また、平成22年度燃費基準+10%を達成し、13年超の廃車を伴う新車購入補助金の対象車となった。
上級グレード「V6 4MOTION」の燃費も、エンジンプログラムが改良され、従来より16%アップの10.2km/リッターに。装備面では、17インチのタイヤ・ホイールが18インチにサイズアップ。ホイールデザインも一新された。さらに、安全装備として、意図しない車線の逸脱を感知するとステアリングを補正したり、警告音でドライバーに危険を知らせる「レーンキープアシストシステム“Lane Assist”」を搭載。
また、両グレードともにリアビューカメラ“Rear Assist”が装備された。

価格は、「2.0TSI」が506.0万円、「V6 4MOTION」は620.0万円。

「トゥアレグ V6」
「トゥアレグ V6」
 
VW「パサートCC」「トゥアレグ」装備・仕様を見直しの画像

■「トゥアレグ」V6モデルのみに

次期モデルのデビューを控える「トゥアレグ」は、ラインナップが整理され、V6モデルのみとなった。インテリアでは、レザーシートや前席パワーシート、前席パワーランバーサポート、前席シートヒーターなどを標準装備し高級感をアップ。

一方で、タイヤ・ホイールのサイズを18インチから17インチにサイズダウン。また、スマートエントリー&スタートシステムやパドルシフトなど、一部装備が廃止された。

価格は、従来より18.0万円安の559.0万円。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥアレグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • 新デザインの「マセラティ・クアトロポルテ」発売 2017.1.16 自動車ニュース マセラティ ジャパンは2017年1月16日、マイナーチェンジでデザインや装備に変更が加えられた、4ドアセダン「クアトロポルテ」を発表。同日、国内販売を開始した。
  • フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーラン」の安全装備を強化 2017.1.6 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」の安全装備を強化。3モデルに対して、「トラフィックアシスト」を標準装備またはオプション装備とし、2017年1月6日に発売した。
ホームへ戻る