「アウディR8」のオープン版、「R8スパイダー」受注開始

2010.02.23 自動車ニュース

「アウディR8」のオープン版、「R8スパイダー」受注開始

アウディジャパンは2010年2月23日、新型スポーツカー「R8 Spyder(スパイダー)」の予約受け付けを開始した。

「R8スパイダー」は、アウディの最上級スポーツ「R8」のオープンバージョン。2009年9月のフランクフルトショーでデビューし、このたび日本にも導入されることとなった。

ルーフをチョップ、エクステリアがリデザインされた結果、R8の象徴ともいえるサイドパネルはなくなった。車体の基本的な構成は、Aピラーの強度向上やポップアップ式ロールオーバーバーの追加など多少の変化はあるもののR8と共通だ。

搭載されるエンジンは、直噴の5.2リッターV10(525ps/8000rpm、54.0kgm/6500rpm)のみで、クローズドボディのR8にラインナップされるV8モデルは、用意されない。トランスミッションもコンベンショナルなMTはなく、6段の2ペダル式MT「Rトロニック」のみとなる。

肝心のルーフは、ソフトなキャンバス生地を採用。軽量かつコンパクトなことに加え、クローズ時の優雅なルーフラインをウリとする。50km/h以下であれば、走行中でも開閉可能。かかる時間は19秒とされる。

日本での発売は、年内11月を予定。ハンドル位置は左右を選べ、価格は、クローズドボディの「R8 5.2 FSI クワトロ」より256.0万円アップの、2250.0万円。

(webCG 関)

「アウディR8スパイダー」(写真は欧州仕様車)
「アウディR8スパイダー」(写真は欧州仕様車)
 
「アウディR8」のオープン版、「R8スパイダー」受注開始の画像
 
「アウディR8」のオープン版、「R8スパイダー」受注開始の画像
 
「アウディR8」のオープン版、「R8スパイダー」受注開始の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディTTロードスター 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)/TTSクーペ(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.21 試乗記 アウディのスポーツカー「TT」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。オープン2シーターの「TTロードスター」と高性能モデル「TTSクーペ」を駆って、その実力を確かめた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る