「アウディR8」のオープン版、「R8スパイダー」受注開始

2010.02.23 自動車ニュース

「アウディR8」のオープン版、「R8スパイダー」受注開始

アウディジャパンは2010年2月23日、新型スポーツカー「R8 Spyder(スパイダー)」の予約受け付けを開始した。

「R8スパイダー」は、アウディの最上級スポーツ「R8」のオープンバージョン。2009年9月のフランクフルトショーでデビューし、このたび日本にも導入されることとなった。

ルーフをチョップ、エクステリアがリデザインされた結果、R8の象徴ともいえるサイドパネルはなくなった。車体の基本的な構成は、Aピラーの強度向上やポップアップ式ロールオーバーバーの追加など多少の変化はあるもののR8と共通だ。

搭載されるエンジンは、直噴の5.2リッターV10(525ps/8000rpm、54.0kgm/6500rpm)のみで、クローズドボディのR8にラインナップされるV8モデルは、用意されない。トランスミッションもコンベンショナルなMTはなく、6段の2ペダル式MT「Rトロニック」のみとなる。

肝心のルーフは、ソフトなキャンバス生地を採用。軽量かつコンパクトなことに加え、クローズ時の優雅なルーフラインをウリとする。50km/h以下であれば、走行中でも開閉可能。かかる時間は19秒とされる。

日本での発売は、年内11月を予定。ハンドル位置は左右を選べ、価格は、クローズドボディの「R8 5.2 FSI クワトロ」より256.0万円アップの、2250.0万円。

(webCG 関)

「アウディR8スパイダー」(写真は欧州仕様車)
「アウディR8スパイダー」(写真は欧州仕様車)
 
「アウディR8」のオープン版、「R8スパイダー」受注開始の画像
 
「アウディR8」のオープン版、「R8スパイダー」受注開始の画像
 
「アウディR8」のオープン版、「R8スパイダー」受注開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る