ジャガー、16年ぶりに「ルマン24時間」復帰

2010.02.22 自動車ニュース

ジャガー、16年ぶりに「ルマン24時間」復帰

英ジャガー・カーズは2010年2月22日、今年6月に開催されるルマン24時間耐久レースに参戦すると発表した。

ジャガーがルマン24時間耐久レースへの復帰を表明した。

1951年に「Cタイプ」で優勝したのを皮切りに、この伝統的な耐久レースで7度の勝利を手にした同社だが、1993年を最後にワークスとしての活動を停止。以後16年間、桧舞台を離れていた。
ジャガー75周年の節目に当たる今年は、同社の最上級スポーツカー「XKR」をベースとする「XKR GT2」で、「ALMS」(アメリカン・ル・マン・シリーズ)に参戦。御本家のルマン24時間耐久レースにも復帰することとなった。

チーム「JaguarRSR」を率いるポール・ジェンティロッツィ氏は、今年のルマンを「想像を絶するハイレベルな戦いになる」としながらも、「ジャガーのファンやイギリスのレースの伝統を誇りに思うファンの皆様に、私たちのチームを心から応援していただけるよう願っています」とコメント。6月、本番の盛り上がりが期待される。

(webCG 関)

2010年のルマン24時間耐久レースに参戦するジャガーのワークスマシン「XKR GT2」。
2010年のルマン24時間耐久レースに参戦するジャガーのワークスマシン「XKR GT2」。

ジャガー、16年ぶりに「ルマン24時間」復帰の画像

ジャガー、16年ぶりに「ルマン24時間」復帰の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。