VW、新型「クロスポロ」を出展【ジュネーブショー2010】

2010.02.22 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、新型「クロスポロ」を出展【ジュネーブショー2010】

独フォルクスワーゲンは、2010年3月2日に開幕するジュネーブショーに、新型「クロスポロ」を出展すると発表した。

■もはや定番のクロスオーバーモデル

2009年にフルモデルチェンジした5代目「ポロ」に、SUV風の内外装をまとった「クロスポロ」が追加される。旧型の前期モデルに「ポロ・ファン」として登場した限定車が予想を上回る人気を集め、後期型でレギュラーモデルになったクロスポロ。その流れは新型クロスポロに受け継がれ、「GTI」とともにポロには欠かせないモデルとなった。

先代同様、クロスポロの特徴はそのデザインにある。標準モデルよりも車高を15mm高めたボディは、濃いグレーの前後バンパーやホイールアーチなどがボディカラーとコントラストをなし、また、アンダーガード風にシルバー塗装されたバンパー、メッキのルーフレールなどのアクセントが、SUVを強くイメージさせるデザインになっている。さらに“マグマオレンジ”など、専用のボディカラーもクロスポロの存在感を際だたせる。

一方インテリアも、ツートーンに彩られるシートやドアトリム、メッシュ加工されたシートセンターのデザインなどにより、アクティブなイメージが強調されている。

エンジンは、ガソリンが自然吸気の1.2リッター(70ps)、1.4リッター(85ps)、そして、直噴ターボの1.2TSI(105ps)の3タイプ。ディーゼルは、ともに1.6リッター直噴ディーゼルで、出力の異なる75ps、90ps、105psの3タイプが用意される。トランスミッションは6段マニュアルが標準で、ガソリンの1.4リッターと1.2 TSIでは7段DSGが選択可能。タイヤは215/40R17インチが装着される。

駆動方式は前輪駆動のみで、悪路走破性という点では、車高が少し高い以外に標準モデルに対するアドバンテージは見あたらないものの、オフロードの雰囲気を手軽に楽しむには格好のモデルだ。

ドイツでは5月末にもデリバリーが開始される予定で、日本へは2010年後半の導入が検討されている。

(文=生方聡)

新型「クロスポロ」
新型「クロスポロ」
ボディは、ボディ下部がアンソラサイト(ダークグレー)となる2トーンカラーが特徴。
ボディは、ボディ下部がアンソラサイト(ダークグレー)となる2トーンカラーが特徴。
内装には、本革巻きステアリングホイールや2トーンのスポーツシートが採用される。
内装には、本革巻きステアリングホイールや2トーンのスポーツシートが採用される。
ホイールは、17インチサイズの5スポーク専用デザイン(“ブダペスト”スタイル)が装着される。
ホイールは、17インチサイズの5スポーク専用デザイン(“ブダペスト”スタイル)が装着される。

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲンジュネーブモーターショー2010イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗速報】 2010.6.4 試乗記 フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)
    ……273.0万円

    5代目「ポロ」の大本命、1.2リッターTSI搭載モデルが日本上陸。まずは上級モデルの走りを、箱根で試した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る