VW、新型「クロスポロ」を出展【ジュネーブショー2010】

2010.02.22 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、新型「クロスポロ」を出展【ジュネーブショー2010】

独フォルクスワーゲンは、2010年3月2日に開幕するジュネーブショーに、新型「クロスポロ」を出展すると発表した。

■もはや定番のクロスオーバーモデル

2009年にフルモデルチェンジした5代目「ポロ」に、SUV風の内外装をまとった「クロスポロ」が追加される。旧型の前期モデルに「ポロ・ファン」として登場した限定車が予想を上回る人気を集め、後期型でレギュラーモデルになったクロスポロ。その流れは新型クロスポロに受け継がれ、「GTI」とともにポロには欠かせないモデルとなった。

先代同様、クロスポロの特徴はそのデザインにある。標準モデルよりも車高を15mm高めたボディは、濃いグレーの前後バンパーやホイールアーチなどがボディカラーとコントラストをなし、また、アンダーガード風にシルバー塗装されたバンパー、メッキのルーフレールなどのアクセントが、SUVを強くイメージさせるデザインになっている。さらに“マグマオレンジ”など、専用のボディカラーもクロスポロの存在感を際だたせる。

一方インテリアも、ツートーンに彩られるシートやドアトリム、メッシュ加工されたシートセンターのデザインなどにより、アクティブなイメージが強調されている。

エンジンは、ガソリンが自然吸気の1.2リッター(70ps)、1.4リッター(85ps)、そして、直噴ターボの1.2TSI(105ps)の3タイプ。ディーゼルは、ともに1.6リッター直噴ディーゼルで、出力の異なる75ps、90ps、105psの3タイプが用意される。トランスミッションは6段マニュアルが標準で、ガソリンの1.4リッターと1.2 TSIでは7段DSGが選択可能。タイヤは215/40R17インチが装着される。

駆動方式は前輪駆動のみで、悪路走破性という点では、車高が少し高い以外に標準モデルに対するアドバンテージは見あたらないものの、オフロードの雰囲気を手軽に楽しむには格好のモデルだ。

ドイツでは5月末にもデリバリーが開始される予定で、日本へは2010年後半の導入が検討されている。

(文=生方聡)

新型「クロスポロ」
新型「クロスポロ」
ボディは、ボディ下部がアンソラサイト(ダークグレー)となる2トーンカラーが特徴。
ボディは、ボディ下部がアンソラサイト(ダークグレー)となる2トーンカラーが特徴。
内装には、本革巻きステアリングホイールや2トーンのスポーツシートが採用される。
内装には、本革巻きステアリングホイールや2トーンのスポーツシートが採用される。
ホイールは、17インチサイズの5スポーク専用デザイン(“ブダペスト”スタイル)が装着される。
ホイールは、17インチサイズの5スポーク専用デザイン(“ブダペスト”スタイル)が装着される。

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲンジュネーブモーターショー2010イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・クロスポロ(FF/7AT)【試乗記】 2015.1.21 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロ」シリーズの名脇役「クロスポロ」。この“カッコカワいい”スタイリングは理詰めではなく感性でこそ選ぶべき? ベースモデルの改良を受けて大幅なアップデートが施された新型の実力を、都内からのワンデイツーリングでチェックした。
ホームへ戻る