「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加

2010.02.17 自動車ニュース

「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加

ポルシェ・ジャパンは2010年2月16日、4ドアスポーツセダン「パナメーラ」シリーズに加わるエントリーグレード「パナメーラ/パナメーラ4」の予約受け付けを、3月2日から開始すると発表した。

現在日本に導入され「パナメーラ」シリーズは、V8エンジンとPDKを組み合わせる「パナメーラS」「パナメーラ4S」「パナメーラターボ」の3モデル。今回これに新グレードが追加され、ラインナップが広がることとなった。

「S」が付かない“素”のニューカマー、「パナメーラ」と「パナメーラ4」の特徴は、エンジンが3.6リッターV6(300ps、40.8kgm)であること。パワーの点では控えめながら、欧州NEDCモードでそれぞれ10.75km/リッター、10.41km/リッターを公称する(パナメーラ・ファミリーにあっては)良好な燃費性能がウリだ。
「パナメーラ」はオートマチックドライブができる7段PDKもしくは伝統的な6段MTを介し、後輪を駆動。「パナメーラ4」は4WDで、7段PDKのみが導入される。

V6エンジン単体でV8より30kg軽い「パナメーラ」(1730kg)は、いままで最も軽量だった「パナメーラS」(1880kg)よりも、150kg軽い仕上がり。「既存のV8モデルと同様に、真のグランツーリスモにふさわしく、スポーティなキャラクターと優れた快適性、毎日の使いやすさを同時に提供する」(プレスリリース)とのことである。

価格は以下のとおり。

・パナメーラ(FR/6MT):1021.0万円
・パナメーラ(FR/7AT):1096.0万円
・パナメーラ4(4WD/7AT):1167.0万円

(以下、既存モデル)
・パナメーラS(FR/7AT):1374.0万円
・パナメーラ4S(4WD/7AT):1436.0万円
・パナメーラターボ(4WD/7AT):2061.0万円

(webCG 関)

写真は全て「パナメーラ」
写真は全て「パナメーラ」

「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加の画像

「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加の画像

「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加の画像

関連キーワード:
パナメーラポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.8.22 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のトップグレード「ターボS E-ハイブリッド」に試乗。プラグインハイブリッドシステムは燃費性能のみならず、サルーンとしての快適性やポルシェ車としてのスポーツ性能も大きく進化させていた。カナダ・バンクーバー島からのリポート。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールSE(P380)(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.20 試乗記 「スポーツ」や「イヴォーク」に次ぐ新たなレンジローバーファミリーとして生まれた、ラグジュアリーSUV「レンジローバー ヴェラール」。優美なスタイリングに秘められた走りの質を、3リッターV6ガソリンモデルで吟味した。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年9月26日、「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」を発売した。SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランス、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたクロスオーバーモデルである。
ホームへ戻る