「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加

2010.02.17 自動車ニュース

「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加

ポルシェ・ジャパンは2010年2月16日、4ドアスポーツセダン「パナメーラ」シリーズに加わるエントリーグレード「パナメーラ/パナメーラ4」の予約受け付けを、3月2日から開始すると発表した。

現在日本に導入され「パナメーラ」シリーズは、V8エンジンとPDKを組み合わせる「パナメーラS」「パナメーラ4S」「パナメーラターボ」の3モデル。今回これに新グレードが追加され、ラインナップが広がることとなった。

「S」が付かない“素”のニューカマー、「パナメーラ」と「パナメーラ4」の特徴は、エンジンが3.6リッターV6(300ps、40.8kgm)であること。パワーの点では控えめながら、欧州NEDCモードでそれぞれ10.75km/リッター、10.41km/リッターを公称する(パナメーラ・ファミリーにあっては)良好な燃費性能がウリだ。
「パナメーラ」はオートマチックドライブができる7段PDKもしくは伝統的な6段MTを介し、後輪を駆動。「パナメーラ4」は4WDで、7段PDKのみが導入される。

V6エンジン単体でV8より30kg軽い「パナメーラ」(1730kg)は、いままで最も軽量だった「パナメーラS」(1880kg)よりも、150kg軽い仕上がり。「既存のV8モデルと同様に、真のグランツーリスモにふさわしく、スポーティなキャラクターと優れた快適性、毎日の使いやすさを同時に提供する」(プレスリリース)とのことである。

価格は以下のとおり。

・パナメーラ(FR/6MT):1021.0万円
・パナメーラ(FR/7AT):1096.0万円
・パナメーラ4(4WD/7AT):1167.0万円

(以下、既存モデル)
・パナメーラS(FR/7AT):1374.0万円
・パナメーラ4S(4WD/7AT):1436.0万円
・パナメーラターボ(4WD/7AT):2061.0万円

(webCG 関)

写真は全て「パナメーラ」
写真は全て「パナメーラ」

「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加の画像

「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加の画像

「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ【海外試乗記】 2017.8.12 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」から派生したワゴンタイプの新型車「パナメーラ スポーツツーリスモ」にカナダで試乗。既存のパナメーラとの違いを含め、その走りや使い勝手を報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る