「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加

2010.02.17 自動車ニュース

「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加

ポルシェ・ジャパンは2010年2月16日、4ドアスポーツセダン「パナメーラ」シリーズに加わるエントリーグレード「パナメーラ/パナメーラ4」の予約受け付けを、3月2日から開始すると発表した。

現在日本に導入され「パナメーラ」シリーズは、V8エンジンとPDKを組み合わせる「パナメーラS」「パナメーラ4S」「パナメーラターボ」の3モデル。今回これに新グレードが追加され、ラインナップが広がることとなった。

「S」が付かない“素”のニューカマー、「パナメーラ」と「パナメーラ4」の特徴は、エンジンが3.6リッターV6(300ps、40.8kgm)であること。パワーの点では控えめながら、欧州NEDCモードでそれぞれ10.75km/リッター、10.41km/リッターを公称する(パナメーラ・ファミリーにあっては)良好な燃費性能がウリだ。
「パナメーラ」はオートマチックドライブができる7段PDKもしくは伝統的な6段MTを介し、後輪を駆動。「パナメーラ4」は4WDで、7段PDKのみが導入される。

V6エンジン単体でV8より30kg軽い「パナメーラ」(1730kg)は、いままで最も軽量だった「パナメーラS」(1880kg)よりも、150kg軽い仕上がり。「既存のV8モデルと同様に、真のグランツーリスモにふさわしく、スポーティなキャラクターと優れた快適性、毎日の使いやすさを同時に提供する」(プレスリリース)とのことである。

価格は以下のとおり。

・パナメーラ(FR/6MT):1021.0万円
・パナメーラ(FR/7AT):1096.0万円
・パナメーラ4(4WD/7AT):1167.0万円

(以下、既存モデル)
・パナメーラS(FR/7AT):1374.0万円
・パナメーラ4S(4WD/7AT):1436.0万円
・パナメーラターボ(4WD/7AT):2061.0万円

(webCG 関)

写真は全て「パナメーラ」
写真は全て「パナメーラ」

「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加の画像

「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加の画像

「ポルシェ・パナメーラ」、V6モデルとMTモデルを追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その3) 2017.3.8 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ポルシェは「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」や、「911 GT3」の最新モデルなどを公開した。
  • ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開 2017.2.28 自動車ニュース ポルシェが新型「パナメーラ」の日本仕様を初公開した。新型パナメーラはポルシェの新しいプラットフォーム「MSB」を採用した第1弾のモデルにあたり、V6、V8のツインターボモデルに加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.27 試乗記 新型「ポルシェ・パナメーラ」に、プラグインハイブリッドモデルの「パナメーラ4 E-ハイブリッド」が追加された。2世代目となり、4WDの駆動システムを得た同モデルに南アフリカで試乗。電動化に見るポルシェのこだわりに触れた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.9.22 試乗記 ポルシェの新型「パナメーラ」にドイツ・ミュンヘンで試乗した。さまざまな新機軸の投入によって、快適性と動力性能の両面でさらなる高みに達した“4ドアスポーツカー”の実力を探った。
ホームへ戻る