「ボルボXC60」にスポーティな「R-DESIGN」を新ラインナップ

2010.02.17 自動車ニュース

「ボルボXC60」にスポーティな「R-DESIGN」をラインナップ

「ボルボXC60」にスポーティな「R-DESIGN」を新ラインナップ

ボルボ・カーズ・ジャパンは、クロスオーバーモデル「XC60」に内外装や足回りにスポーティな専用装備を与えた「XC60 T6 R−DESIGN」を新たに設定し、2010年2月12日に発売した。

「洗練さ(Refinement)」をキーワードに、内外装や足回りにスポーティな装備を与えたボルボの「R-DESIGN」シリーズが、「XC60」にカタログモデルとしてラインナップされた。

「XC60 T6 R−DESIGN」は、ノーマルモデル「T6 SE AWD」をベースに、255/45の20インチスポーツタイヤ&ホイールやボディ下部を同色化したフルエクステリアカラーコーディネートでドレスアップ。さらに専用シルクメタルドアミラーカバーやシルクメタルトリム、クローム仕上げの専用デュアルスポーツテールパイプなどでエクステリアがスポーティに仕上げられた。

インテリアは、各部にメタル類を使用。センタースタックには、波紋をモチーフとした表面仕上げが施され、黒かベージュの基調色が選べる本革シートにも同じモチーフが採用される。また、パーフォレーテッドレザーの本革巻4本スポークステアリングホイールには、「R-DESIGN」のエンブレムが配される。

足回りのポイントは、スポーツサスペンションで、強化アンチロールバーと通常より硬めのショックアブソーバー、専用スプリングなどにより安定した走行性能を実現したという

ボディカラーは、専用色パッションレッドを含む全7色が用意され、価格はベースモデルより50.0万円高の649.0万円。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • ボルボXC90 T8 TWIN ENGINE AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.31 試乗記 ボルボのフラッグシップSUV「XC90」の最上級グレード「T8 TWIN ENGINE AWD インスクリプション」に試乗。北欧製のプラグインハイブリッドシステムがかなえる走りと、ボルボ最新のインターフェイスの出来栄えをリポートする。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.29 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった、ボルボのフラッグシップSUV「XC90」に試乗。新プラットフォームが採用された“新世代ボルボ”の走り、乗り心地、そして使い勝手を報告する。
ホームへ戻る