「ポルシェ911 GT3 R」にハイブリッドバージョン誕生【ジュネーブショー2010】

2010.02.16 自動車ニュース

【ジュネーブショー2010】「ポルシェ911 GT3 R」にハイブリッドバージョン誕生

独ポルシェAGは、2010年3月2日から開催されるジュネーブショーで、ハイブリッドシステムを搭載した「ポルシェ911 GT3 R」を初公開する。

ポルシェの、しかもレーシングカーにハイブリッドモデルが誕生する。
ベースとなるのは、今年1月にデビューしたGTカーレース用マシン「ポルシェ911 GT3 R」。現在多く見られる、ガソリンエンジンを傍らのモーターがアシストするタイプと異なり、前後輪でそれぞれの役割を分担するハイブリッドシステムを採用する。
すなわち、リアホイールは、リアに搭載された480psの4リッター水平対向6気筒ガソリンエンジンが駆動。フロント側にも60kW(=82ps)を発生するモーターを2基マウントし、こちらは左右の前輪のみ駆動する。

エネルギーをバッテリーに蓄えないのも、ハイブリッド車としてはユニークだ。ブレーキング時に得られるエネルギーは、ドライバーズシートの隣に置かれる「エレクトリカルフライホイールパワージェネレーター」に蓄えられ、オーバーテイク時やコーナー脱出時など加速力が必要なときには、6〜8秒間有効な“パワーブースト”として活用。モーター駆動で車体を引っ張ることにより、リアからの推進力をアシストする。

ポルシェによれば、このシステムは「レースの条件に応じて、より大きなパワーを得られるだけでなく燃費も向上する」とのこと。今後は、5月に開催が予定されるニュルブルクリンク24時間レースなどへの参加を通じ、ロードゴーイングスポーツカーへの活用を視野に入れた研究開発を進めるとのことである。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る