「ポルシェ911 GT3 R」にハイブリッドバージョン誕生【ジュネーブショー2010】

2010.02.16 自動車ニュース

【ジュネーブショー2010】「ポルシェ911 GT3 R」にハイブリッドバージョン誕生

独ポルシェAGは、2010年3月2日から開催されるジュネーブショーで、ハイブリッドシステムを搭載した「ポルシェ911 GT3 R」を初公開する。

ポルシェの、しかもレーシングカーにハイブリッドモデルが誕生する。
ベースとなるのは、今年1月にデビューしたGTカーレース用マシン「ポルシェ911 GT3 R」。現在多く見られる、ガソリンエンジンを傍らのモーターがアシストするタイプと異なり、前後輪でそれぞれの役割を分担するハイブリッドシステムを採用する。
すなわち、リアホイールは、リアに搭載された480psの4リッター水平対向6気筒ガソリンエンジンが駆動。フロント側にも60kW(=82ps)を発生するモーターを2基マウントし、こちらは左右の前輪のみ駆動する。

エネルギーをバッテリーに蓄えないのも、ハイブリッド車としてはユニークだ。ブレーキング時に得られるエネルギーは、ドライバーズシートの隣に置かれる「エレクトリカルフライホイールパワージェネレーター」に蓄えられ、オーバーテイク時やコーナー脱出時など加速力が必要なときには、6〜8秒間有効な“パワーブースト”として活用。モーター駆動で車体を引っ張ることにより、リアからの推進力をアシストする。

ポルシェによれば、このシステムは「レースの条件に応じて、より大きなパワーを得られるだけでなく燃費も向上する」とのこと。今後は、5月に開催が予定されるニュルブルクリンク24時間レースなどへの参加を通じ、ロードゴーイングスポーツカーへの活用を視野に入れた研究開発を進めるとのことである。

(webCG 関)

関連キーワード:
911ポルシェジュネーブモーターショー2010自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • 最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場 2017.10.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年10月10日、「BMW 7シリーズ」に特別仕様車「750Li Individual Edition(インディビジュアルエディション)」を設定し、30台の台数限定で発売した。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【レビュー】 2017.10.5 試乗記 アウディスポーツが手がけた「アウディTT」シリーズのフラッグシップモデル「TT RS」。400psを誇り、0-100km/h加速をわずか3.7秒でこなす“リトルスーパースポーツ”の実力をサーキットで試した。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
ホームへ戻る