「ポルシェ911 GT3 R」にハイブリッドバージョン誕生【ジュネーブショー2010】

2010.02.16 自動車ニュース

【ジュネーブショー2010】「ポルシェ911 GT3 R」にハイブリッドバージョン誕生

独ポルシェAGは、2010年3月2日から開催されるジュネーブショーで、ハイブリッドシステムを搭載した「ポルシェ911 GT3 R」を初公開する。

ポルシェの、しかもレーシングカーにハイブリッドモデルが誕生する。
ベースとなるのは、今年1月にデビューしたGTカーレース用マシン「ポルシェ911 GT3 R」。現在多く見られる、ガソリンエンジンを傍らのモーターがアシストするタイプと異なり、前後輪でそれぞれの役割を分担するハイブリッドシステムを採用する。
すなわち、リアホイールは、リアに搭載された480psの4リッター水平対向6気筒ガソリンエンジンが駆動。フロント側にも60kW(=82ps)を発生するモーターを2基マウントし、こちらは左右の前輪のみ駆動する。

エネルギーをバッテリーに蓄えないのも、ハイブリッド車としてはユニークだ。ブレーキング時に得られるエネルギーは、ドライバーズシートの隣に置かれる「エレクトリカルフライホイールパワージェネレーター」に蓄えられ、オーバーテイク時やコーナー脱出時など加速力が必要なときには、6〜8秒間有効な“パワーブースト”として活用。モーター駆動で車体を引っ張ることにより、リアからの推進力をアシストする。

ポルシェによれば、このシステムは「レースの条件に応じて、より大きなパワーを得られるだけでなく燃費も向上する」とのこと。今後は、5月に開催が予定されるニュルブルクリンク24時間レースなどへの参加を通じ、ロードゴーイングスポーツカーへの活用を視野に入れた研究開発を進めるとのことである。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】NEW 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
ホームへ戻る