「ポルシェ911 GT3 R」にハイブリッドバージョン誕生【ジュネーブショー2010】

2010.02.16 自動車ニュース

【ジュネーブショー2010】「ポルシェ911 GT3 R」にハイブリッドバージョン誕生

独ポルシェAGは、2010年3月2日から開催されるジュネーブショーで、ハイブリッドシステムを搭載した「ポルシェ911 GT3 R」を初公開する。

ポルシェの、しかもレーシングカーにハイブリッドモデルが誕生する。
ベースとなるのは、今年1月にデビューしたGTカーレース用マシン「ポルシェ911 GT3 R」。現在多く見られる、ガソリンエンジンを傍らのモーターがアシストするタイプと異なり、前後輪でそれぞれの役割を分担するハイブリッドシステムを採用する。
すなわち、リアホイールは、リアに搭載された480psの4リッター水平対向6気筒ガソリンエンジンが駆動。フロント側にも60kW(=82ps)を発生するモーターを2基マウントし、こちらは左右の前輪のみ駆動する。

エネルギーをバッテリーに蓄えないのも、ハイブリッド車としてはユニークだ。ブレーキング時に得られるエネルギーは、ドライバーズシートの隣に置かれる「エレクトリカルフライホイールパワージェネレーター」に蓄えられ、オーバーテイク時やコーナー脱出時など加速力が必要なときには、6〜8秒間有効な“パワーブースト”として活用。モーター駆動で車体を引っ張ることにより、リアからの推進力をアシストする。

ポルシェによれば、このシステムは「レースの条件に応じて、より大きなパワーを得られるだけでなく燃費も向上する」とのこと。今後は、5月に開催が予定されるニュルブルクリンク24時間レースなどへの参加を通じ、ロードゴーイングスポーツカーへの活用を視野に入れた研究開発を進めるとのことである。

(webCG 関)

関連キーワード:
911ポルシェジュネーブモーターショー2010自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【試乗記】 2018.3.19 試乗記 「ポルシェ911 GT3」の最新モデルに試乗。“寄らば斬るぞ”と言わんばかりのド派手な空力パーツと、GT3カップカーからデチューンすることなく移植したという4リッター自然吸気フラットシックスユニットを備えた、公道のレーシングカーの実力とは?
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
ホームへ戻る