【スペック】スポーツ25Z:全長×全幅×全高=4735×1795×1440mm/ホイールベース=2725mm/車重=1460kg/駆動方式=FF/2.5リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、23.0kgm/4000rpm)/価格=275万円(テスト車=312万2750円/MAZDA G-BOOK ALPHA対応ボイスコントロールHDDナビゲーションシステム=30万4500円/SRSエアバッグシステム カーテン&フロントサイド=6万8250円)

マツダ・アテンザシリーズ【試乗速報】

欧州風味そのままに 2010.02.16 試乗記 マツダ・アテンザシリーズ

直噴2リッターエンジンの採用など、マイナーチェンジが施された「マツダ・アテンザ」。試乗をしたリポーターは、エンジン以外の改良に目を見張るものがあったという。

クルマ好きが共感できる

異国情緒を味わえる日本車というと妙な表現かもしれないが、ワールドワイドに展開するわが国のクルマには、そんなモデルがいくつかある。2〜2.5リッター級のセダンやワゴンなど、代表格じゃないだろうか。
「ホンダ・アコード」に「スバル・レガシィ」、そしてここで紹介する「マツダ・アテンザ」というラインナップを紹介すれば、この主張に共感してもらえると思う。

国内のセダン/ワゴン市場が衰退したために、結果として欧米主導のクルマ作りになったことは否定できない。しかし日本のユーザーより走りにうるさい現地の基準で開発されたからこそ、クルマ好きが共感できる部分を数多く備えていると評することもできる。

そのなかでも前身の「カペラ」時代から、ドイツを中心としたヨーロッパ諸国で根強い評価を得てきたアテンザが、1月にマイナーチェンジを実施した。
「セダン」、5ドアの「スポーツ」、そして「スポーツワゴン」の3ボディ構成はいままでどおりで、2リッターと2.5リッターの直列4気筒エンジンを積んだFFあるいは4WDという基本構成も同じ。ラインナップでは6段MTの用意がスポーツのみになり、そのスポーツから2リッターモデルが消えた以外、大きな動きはない。
これ見よがしのフェイスリフト中心でなく、メカニズムを含めた熟成である点がまたヨーロッパ的だが、そのなかで注目すべきは2リッターエンジンの一新だ。「アクセラ」や「プレマシー」に積まれている直噴ユニットにスイッチしたのである。

 
マツダ・アテンザシリーズ【試乗速報】の画像
 
マツダ・アテンザシリーズ【試乗速報】の画像
 
マツダ・アテンザシリーズ【試乗速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • 環境性能を高めた新型「トヨタ・プリウスPHV」発売 2017.2.15 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年2月15日、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型を発表。同日、販売を開始した。発表会場には女優の石原さとみさんも姿を見せ、晴れの舞台に華を添えた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道・剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • 三菱、「アウトランダー」を一部改良し発売 2017.2.16 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月16日、SUV「アウトランダー」に一部改良を実施するとともに、新グレード「20Gナビパッケージ」を設定し、同年3月2日に発売すると発表した。
ホームへ戻る