EV版「トミーカイラZZ」の試作車を展示

2012.10.05 自動車ニュース

EV版「トミーカイラZZ」の試作車を展示

グリーンロードモータース(京都市左京区)は、2012年10月5日から10月8日まで東京・赤坂サカスで開催される「Cool Kyoto 2012」に電気自動車(EV)版「トミーカイラZZ」の試作車を展示する。

展示される「トミーカイラZZ」は電気モーターとリチウムイオンバッテリーが搭載された電気自動車である。バッテリーは「日産リーフ」用と同等品で、航続距離は200km(JC08モード)とのこと。

開発と販売を行うグリーンロードモータースは2012年10月2日、同モデルの道路運送車両法の保安基準への適合が確認され、日本国内認証を取得し、日本の公道での走行が可能になったと発表した。

グリーンロードモータース独自の「KYOTO生産方式(部品をプラットフォームとボディーカウルに分けて生産する)」で製造され、プラットフォームだけで剛性・強度等の性能を完結させることで、ボディーに軽量な樹脂素材を使用し、衝突安全性能にも配慮した構造が可能となった。

今後は認証取得した車体をベースにデザインを一新し、京都府舞鶴市で量産を開始。2013年春頃に発表する。

販売総数は99台で、価格は700万〜800万円の予定。

(webCG)

「トミーカイラZZ」は、もともと1997年に“公道でも走れるレーシングカー”として発売された。日産製の2リッター直列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載した。
「トミーカイラZZ」は、もともと1997年に“公道でも走れるレーシングカー”として発売された。日産製の2リッター直列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載した。 拡大
試作車のリアビュー。ナンバーの22-02は「トミーカイラZZの試作2号車」という意味をかけている。
試作車のリアビュー。ナンバーの22-02は「トミーカイラZZの試作2号車」という意味をかけている。 拡大
「KYOTO生産方式」のイメージ。
「KYOTO生産方式」のイメージ。 拡大
量産型のデザインコンセプト。
量産型のデザインコンセプト。 拡大

関連キーワード:
トミーカイラZZGLM電気自動車(EV)自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • メルセデス・ベンツG350d/GLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)【試乗記】 2018.6.9 試乗記 メルセデスのSUVにイッキ乗りできる、ぜいたくな試乗会が開催された。リポーターがチョイスしたのは、デビューから40年の集大成となる従来型「Gクラス」と、売れ筋ミドルサイズの「GLC」。とりわけ印象に残ったのは、Gクラスの独自の世界観と完成度の高さだった。
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC HSE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2018.6.6 試乗記 “ベイビージャガー”を名乗る、ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」に試乗。ボディーの内外に同門のピュアスポーツカー「Fタイプ」の面影を強く感じさせるブランニューモデルは、どんなクルマに仕上がっているのだろうか。
  • ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.28 試乗記 新世代プラットフォームを基に開発された、第3世代の「ベントレー・コンチネンタルGT」にオーストリアで試乗。ベントレーの伝統を継承しつつ革新的な進化を目指したという新型は、驚くほどシャープなモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る