EV版「トミーカイラZZ」の試作車を展示

2012.10.05 自動車ニュース

EV版「トミーカイラZZ」の試作車を展示

グリーンロードモータース(京都市左京区)は、2012年10月5日から10月8日まで東京・赤坂サカスで開催される「Cool Kyoto 2012」に電気自動車(EV)版「トミーカイラZZ」の試作車を展示する。

展示される「トミーカイラZZ」は電気モーターとリチウムイオンバッテリーが搭載された電気自動車である。バッテリーは「日産リーフ」用と同等品で、航続距離は200km(JC08モード)とのこと。

開発と販売を行うグリーンロードモータースは2012年10月2日、同モデルの道路運送車両法の保安基準への適合が確認され、日本国内認証を取得し、日本の公道での走行が可能になったと発表した。

グリーンロードモータース独自の「KYOTO生産方式(部品をプラットフォームとボディーカウルに分けて生産する)」で製造され、プラットフォームだけで剛性・強度等の性能を完結させることで、ボディーに軽量な樹脂素材を使用し、衝突安全性能にも配慮した構造が可能となった。

今後は認証取得した車体をベースにデザインを一新し、京都府舞鶴市で量産を開始。2013年春頃に発表する。

販売総数は99台で、価格は700万〜800万円の予定。

(webCG)

「トミーカイラZZ」は、もともと1997年に"公道でも走れるレーシングカー"として発売された。日産製の2リッター直列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載した。
「トミーカイラZZ」は、もともと1997年に"公道でも走れるレーシングカー"として発売された。日産製の2リッター直列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載した。
試作車のリアビュー。ナンバーの22-02は「トミーカイラZZの試作2号車」という意味をかけている。
試作車のリアビュー。ナンバーの22-02は「トミーカイラZZの試作2号車」という意味をかけている。
「KYOTO生産方式」のイメージ。
「KYOTO生産方式」のイメージ。
量産型のデザインコンセプト。
量産型のデザインコンセプト。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る