EV版「トミーカイラZZ」の試作車を展示

2012.10.05 自動車ニュース

EV版「トミーカイラZZ」の試作車を展示

グリーンロードモータース(京都市左京区)は、2012年10月5日から10月8日まで東京・赤坂サカスで開催される「Cool Kyoto 2012」に電気自動車(EV)版「トミーカイラZZ」の試作車を展示する。

展示される「トミーカイラZZ」は電気モーターとリチウムイオンバッテリーが搭載された電気自動車である。バッテリーは「日産リーフ」用と同等品で、航続距離は200km(JC08モード)とのこと。

開発と販売を行うグリーンロードモータースは2012年10月2日、同モデルの道路運送車両法の保安基準への適合が確認され、日本国内認証を取得し、日本の公道での走行が可能になったと発表した。

グリーンロードモータース独自の「KYOTO生産方式(部品をプラットフォームとボディーカウルに分けて生産する)」で製造され、プラットフォームだけで剛性・強度等の性能を完結させることで、ボディーに軽量な樹脂素材を使用し、衝突安全性能にも配慮した構造が可能となった。

今後は認証取得した車体をベースにデザインを一新し、京都府舞鶴市で量産を開始。2013年春頃に発表する。

販売総数は99台で、価格は700万〜800万円の予定。

(webCG)

「トミーカイラZZ」は、もともと1997年に“公道でも走れるレーシングカー”として発売された。日産製の2リッター直列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載した。
「トミーカイラZZ」は、もともと1997年に“公道でも走れるレーシングカー”として発売された。日産製の2リッター直列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載した。 拡大
試作車のリアビュー。ナンバーの22-02は「トミーカイラZZの試作2号車」という意味をかけている。
試作車のリアビュー。ナンバーの22-02は「トミーカイラZZの試作2号車」という意味をかけている。 拡大
「KYOTO生産方式」のイメージ。
「KYOTO生産方式」のイメージ。 拡大
量産型のデザインコンセプト。
量産型のデザインコンセプト。 拡大

関連キーワード:
トミーカイラZZGLM自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.14 試乗記 「ジャガーFタイプ」に新たに加わった、2リッター直4ターボエンジン搭載モデルに試乗。従来のマルチシリンダーモデルとのドライブフィールの違いを確かめるとともに、スポーツカーのパワーユニットのあり方について考えた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る