「ダイハツ・ブーン」も新型に、全車CVTを採用

2010.02.15 自動車ニュース

「ダイハツ・ブーン」も新型に、全車CVTを採用

ダイハツ工業は2010年2月15日、トヨタ自動車と協同開発したコンパクトカー「ブーン」をフルモデルチェンジ。同日発売した。

■内装が違う

「トヨタ・パッソ」のフルモデルチェンジと同時に、姉妹車の「ダイハツ・ブーン」も新型に生まれ変わった。

基本的な装備内容は「トヨタ・パッソ」に準ずる。1リッター(69ps、9.4kgm)と1.3リッター(95ps、12.3kgm)の2種のエンジンにCVTが組み合わされるのも同様だ。1リッター車にはFFのほか4WDも用意される。

グレードは、1リッターエンジン搭載のベーシックな「CL」、その上級装備版「CLリミテッド」、さらに1.3リッター「CX」の3種が用意されるが、エクステリアはトヨタでいう「パッソ」相当の1種類のみ。
内装は、いずれのグレードもベージュで統一され、「CL」にはフロントセパレートシートが、「CLリミテッド」「CX」にはフロントベンチシートが採用された。ベージュ内装+ベンチシートは、トヨタ・パッソにはない組み合わせである。

ボディカラーは全9色。価格は110.0万円から143.5万円まで。

なお、主にモータースポーツ用ベース車両として販売されていた「ブーンX4(クロスフォー)」は、新型にはラインナップされない。


(webCG 本諏訪)

 
「ダイハツ・ブーン」も新型に、全車CVTを採用の画像
 
「ダイハツ・ブーン」も新型に、全車CVTを採用の画像
 
「ダイハツ・ブーン」も新型に、全車CVTを採用の画像
 
「ダイハツ・ブーン」も新型に、全車CVTを採用の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.5.30 試乗記 軽自動車で培われたノウハウをどのように生かしているのか? トヨタとの共同開発をやめ、ダイハツ一社が企画から生産までを担って誕生した3代目「ダイハツ・ブーン」。ベーシックな「X“SA II”」グレードを借り出し、その実力を確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • トヨタ・パッソ/ダイハツ・ブーン(FF/CVT)【試乗速報】 2010.3.3 試乗記 トヨタ・パッソ 1.0+Hana(FF/CVT)/パッソ1.3G(FF/CVT)/ダイハツ・ブーンCL“リミテッド”(FF/CVT)
    ……169万2950円/163万3700円/131万8000円

    トヨタとダイハツの共同開発車「パッソ」と「ブーン」がフルモデルチェンジ。新たにオシャレバージョンも加わったニューモデルを、スーザン史子がリポートする。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
ホームへ戻る