「ダイハツ・ブーン」も新型に、全車CVTを採用

2010.02.15 自動車ニュース

「ダイハツ・ブーン」も新型に、全車CVTを採用

ダイハツ工業は2010年2月15日、トヨタ自動車と協同開発したコンパクトカー「ブーン」をフルモデルチェンジ。同日発売した。

■内装が違う

「トヨタ・パッソ」のフルモデルチェンジと同時に、姉妹車の「ダイハツ・ブーン」も新型に生まれ変わった。

基本的な装備内容は「トヨタ・パッソ」に準ずる。1リッター(69ps、9.4kgm)と1.3リッター(95ps、12.3kgm)の2種のエンジンにCVTが組み合わされるのも同様だ。1リッター車にはFFのほか4WDも用意される。

グレードは、1リッターエンジン搭載のベーシックな「CL」、その上級装備版「CLリミテッド」、さらに1.3リッター「CX」の3種が用意されるが、エクステリアはトヨタでいう「パッソ」相当の1種類のみ。
内装は、いずれのグレードもベージュで統一され、「CL」にはフロントセパレートシートが、「CLリミテッド」「CX」にはフロントベンチシートが採用された。ベージュ内装+ベンチシートは、トヨタ・パッソにはない組み合わせである。

ボディカラーは全9色。価格は110.0万円から143.5万円まで。

なお、主にモータースポーツ用ベース車両として販売されていた「ブーンX4(クロスフォー)」は、新型にはラインナップされない。


(webCG 本諏訪)

 
「ダイハツ・ブーン」も新型に、全車CVTを採用の画像
 
「ダイハツ・ブーン」も新型に、全車CVTを採用の画像
 
「ダイハツ・ブーン」も新型に、全車CVTを採用の画像
 
「ダイハツ・ブーン」も新型に、全車CVTを採用の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ブーンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.5.30 試乗記 軽自動車で培われたノウハウをどのように生かしているのか? トヨタとの共同開発をやめ、ダイハツ一社が企画から生産までを担って誕生した3代目「ダイハツ・ブーン」。ベーシックな「X“SA II”」グレードを借り出し、その実力を確かめた。
  • 新型ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソが登場 2016.4.12 自動車ニュース 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型が登場した。今回の新型では、ダイハツが開発・生産のすべてを担当。軽自動車の開発で得た技術を投入し、デザインや燃費、パッケージングといった商品力を高めているという。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
ホームへ戻る