第402回:トヨタは悪くない? プリウスリコール発動に見る、超神経質社会ニッポンへの恐怖

2010.02.15 エッセイ

第402回:トヨタは悪くない? プリウスリコール発動に見る、超神経質社会ニッポンへの恐怖

ぶっちゃけ過剰反応では?

今ちまたの話題をさらっているプリウスリコール問題。詳しく直接取材したわけじゃないし、ニュースを見たり、リリースを読んだりしてる程度での感覚だけど、俺的には過剰反応に思える。大ざっぱに言えばアメリカという世界的クレーマー、もしくはモンスターペアレンツ的存在に遭遇し、そのネガティブキャンペーンが日本に飛び火してしまったようなもんだと思っている。

別にトヨタを特別扱いせよというわけではない。問題があったのならしっかりと正すべきだ。だけど、プリウスが無ければマジメな話、日本の自動車産業、ひいては物作りはここまでプライドを保てなかったと思うのだ。

安くていいもの、という意味では完全に韓国に追いつかれつつあるし、中国がくるのも時間の問題。その特殊性はさておき、日本はハイブリッドカー的なものを作り続けないと、いわゆる物作り二流国になってしまう。それは体操王国ニッポンだったころに塚原がムーンサルトを跳び、東洋の魔女たる女子バレーチームが回転レシーブを編み出したようなものだ。プリウスは日本の秘技なのである。

そのプライドを、なぜよってたかってボロボロにし、捨て去らせようとするのだろうか。報道するなというわけではない。ただ、その姿勢は明らかにバランスを欠いている。

問題とされているプリウスのブレーキは、具体的には滑りやすい路面でABSが作動した時、回生ブレーキから摩擦ブレーキに切り替わる瞬間、ちょっとした油圧の遅れがあり、フィーリング的に“抜ける”らしい。だけど、新聞によるとタイムラグはたったの0.06秒!! まさにABSのポンピングに毛が生えたような程度で、無いも同然。そうでなくてもペダルを踏み増せば、ちゃんと摩擦ブレーキは効くという。一説によるともっとラグが長いという話があるが、それは公式なものではない。

10数年前、ABSの出始めに空走感があった事や、走行中にボンネットが開いた(!)イタリア車のことを考えると、個人的には、なぜ今回はそんな大騒動に……と思ってしまう。
それか仮にそれが非常に悪いものだとして、遅れるにはなんらかの理由があったはず。その理由が単なるコストダウンだったら厳しいが、制御を確実にするためにプログラマーが“わざと”タイムラグを設けたのかもしれないし、制御が干渉しあうのでリスクを避けたのかもしれない。だったら仕方ない部分もあるではないか。

もちろん後でこっそり一部車両のプログラムを修正していたことや、マスコミ対応にも多少のミスがあったのかもしれないが、それがそんなに悪いことだろうか。 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』