第129回:「ダチア・ロガン」な携帯電話で人生が変わる!?

2010.02.13 エッセイ

第129回:「ダチア・ロガン」な携帯電話で人生が変わる!?

ボクが手に入れた「サムスンGT-E1800」。
第129回:「ダチア・ロガン」な携帯電話で人生が変わる!?

「iPhone」にしたいけど

使っていたドイツブランド・中国製携帯電話の電池がピンチになった。1本メールを打つだけでガクッと充電インジケーターが減る。まだ購入して2年というのにだ。交換電池をサードパーティ製も含めて探したが、今やイタリアの多くの電気店で売られているのはノキアとサムスン用のみだ。

ここで今どきの多くの人は、「iPhone」購入を考えるところだろう。ボクもそう思って、さっそく携帯ショップに駆け込んだ。
あるイタリアの通信事業者によるiPhone 3GS(16GB)用の最安プランは、初回299ユーロ(約3万6000千円)。それに毎月29ユーロ(約3500円)×2年契約である。
ヘビーユーザーなら元がとれるのかもしれないが、ボクの日頃の携帯使用モードからすると、ちと割りに合わない。すでにネットブック用USBキーに円にして月額約1200円かけているし。

それから言い忘れたが、ボクがイタリアで使っている携帯電話は、プリペイド方式である。12年前に初めて買った携帯に付いてきたSIMカードを、代々の携帯電話に入れ替えながら、ずっと使ってきた。ボクが特殊なわけではない。欧州委員会の調査によると、イタリアでは携帯ユーザーの実に76%がプリペイド携帯で済ませているのだ。
以上のようなことから、契約制のiPhoneにする勇気がわかず、ショップをあとにした。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。