アウディ、コンパクトカー「A1」を発表

2010.02.10 自動車ニュース

アウディ、コンパクトカー「A1」を発表

独アウディは2010年2月10日、ニューモデルとなるコンパクトカー「A1」の詳細を発表した。

■デザインのカスタマイズも可能

2007年の東京モーターショーで「メトロプロジェクトクワトロ」を、2008年のパリサロンでは、「A1スポーツバック・コンセプト」を出展するなど、コンパクトモデルの提案を続けていたアウディから、ついにエントリーモデルを担うコンパクトカー「A1」が発表された。都市部の若者をターゲットとし、同クラスで最もスポーティなモデルとアピールされる。

ディメンションは、全長×全幅×全高=3950×1740×1420mmと、「フォルクスワーゲン・ポロ」クラスのボディサイズ。ホイールベースは2470mmで、オーバーハングを切りつめたレイアウトを採用する。

エクステリアは、シングルフレームグリルに象徴されるアウディファミリーのデザインキューを受け継いだもの。Aピラーからルーフを経て、Cピラーまで一続きに描かれるラインは特徴的。
インテリアは「spacious(ひろびろ)」で「airy(軽快)」(プレスリリース)と紹介される。インストゥルメントパネルは航空機の翼をモチーフに、エアコン吹き出し口は、ジェット機のタービンを模したデザインが採り入れられた。さらに、デザインのカスタマイズができることもA1の特徴。ルーフアーチのカラーリングや、インテリアのLED照明、エアコン吹き出し口のカラーリング、シートカバーなどは、オーナーの趣味に合わせて選択が可能という。

エンジンは、1.6リッターの直4TDI(ディーゼル)2種と、1.2および1.4リッターの直4TFSI(ガソリン直噴ターボ)、計4種がラインナップする。ハイパフォーマンスグレードに搭載される1.4リッターターボは、122psの最高出力を発生。いずれのユニットも、アイドリングストップ機構が付与される。
トランスミッションはコンベンショナルなマニュアルのほか、1.4リッターターボのみ2ペダルMTとなる7段のSトロニックも用意される。駆動方式はFWDのみで、4WDのクワトロシステムは採用されなかった。
サスペンション形式は、前マクファーソンストラット/後トーションビーム式。アンチスピンデバイスのESPはもちろん、電子制御式のディファレンシャルロックも備えている。

ほか、BOSEサラウンドサウンドシステムや、MMI(マルチメディアインターフェース)など、上級クラス顔負けの装備も用意される。

2010年3月のジュネーブショーでお披露目され、本国でのリリースは2010年夏予定。日本導入はアウディ広報部によると「来年以降」とのことだ。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • アウディが「RS 3スポーツバック」を大幅改良 2017.6.21 自動車ニュース アウディ ジャパンが大幅改良を受けた「RS 3スポーツバック」の予約受け付けを開始した。動力性能の強化がトピックとなっており、特にエンジンについては最高出力が400psに、最大トルクが480Nmに高められている。価格は767万円。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
ホームへ戻る