新エンジンで燃費向上「メルセデス・ベンツ C200 CGI ブルーエフィシェンシー」

2010.02.10 自動車ニュース

新エンジンで燃費向上「メルセデス・ベンツ C200 CGI ブルーエフィシェンシー」

メルセデス・ベンツ日本は2010年2月10日、「メルセデス・ベンツC200 CGI ブルーエフィシェンシー」を日本導入し、同日販売を開始した。

■燃費向上、トルクもアップ

従来の「メルセデス・ベンツC200コンプレッサー」は、Cクラスの販売台数の約7割を占める(2009年度)人気モデル。その最量販モデルが、新エンジンを搭載し、「C200 CGI ブルーエフィシェンシー」として生まれ変わった。

パワーユニットは、これまでの1.8リッター・スーパーチャージャー付きエンジンから、同排気量のターボ付きに変更された。この新エンジンは、燃料をシリンダー内に高圧で直接噴射するマルチホールソレノイドインジェクターや可変カムシャフト/バルブコントロールにより、トルクアップと燃費向上を同時に実現。最高出力は184psで従来と変わらないが、最大トルクは2kgm向上し、27.5kgmとなった。

その発生回転数は、1800rpmから(従来は2800rpmから)となり、常用域でのドライバビリティも向上。約4%アップしたという燃費や、新しいヘッドカバーとサイレントチェーンによる静粛性なども自慢である。

また、パワートレイン以外にも、燃費向上に寄与する改良が加えられた。具体的には、ラジエターとファンの間に可動式フィンを設け、冷却が必要ないときにフィンを閉じて空気抵抗を低減するラジエターブラインドや、バッテリーの充電状態に応じて作動を休止し、駆動抵抗を減らす省エネタイプのオルタネーター、空気抵抗を低減するサイドミラー、転がり抵抗を軽減するタイヤなどが装備された。

なお、価格は据え置きのまま。

セダン
・C200 CGI ブルーエフィシェンシー:440.0万円
・C200 CGI ブルーエフィシェンシー エレガンス:485.0万円
・C200 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド:492.0万円

ステーションワゴン
・C200 CGI ブルーエフィシェンシー:460.0万円
・C200 CGI ブルーエフィシェンシー エレガンス:505.0万円
・C200 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド:513.0万円

(webCG 曽宮)

 
新エンジンで燃費向上「メルセデス・ベンツ C200 CGI ブルーエフィシェンシー」の画像
 
新エンジンで燃費向上「メルセデス・ベンツ C200 CGI ブルーエフィシェンシー」の画像
 
新エンジンで燃費向上「メルセデス・ベンツ C200 CGI ブルーエフィシェンシー」の画像
 
新エンジンで燃費向上「メルセデス・ベンツ C200 CGI ブルーエフィシェンシー」の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
ホームへ戻る