新エンジンで燃費向上「メルセデス・ベンツ C200 CGI ブルーエフィシェンシー」

2010.02.10 自動車ニュース

新エンジンで燃費向上「メルセデス・ベンツ C200 CGI ブルーエフィシェンシー」

メルセデス・ベンツ日本は2010年2月10日、「メルセデス・ベンツC200 CGI ブルーエフィシェンシー」を日本導入し、同日販売を開始した。

■燃費向上、トルクもアップ

従来の「メルセデス・ベンツC200コンプレッサー」は、Cクラスの販売台数の約7割を占める(2009年度)人気モデル。その最量販モデルが、新エンジンを搭載し、「C200 CGI ブルーエフィシェンシー」として生まれ変わった。

パワーユニットは、これまでの1.8リッター・スーパーチャージャー付きエンジンから、同排気量のターボ付きに変更された。この新エンジンは、燃料をシリンダー内に高圧で直接噴射するマルチホールソレノイドインジェクターや可変カムシャフト/バルブコントロールにより、トルクアップと燃費向上を同時に実現。最高出力は184psで従来と変わらないが、最大トルクは2kgm向上し、27.5kgmとなった。

その発生回転数は、1800rpmから(従来は2800rpmから)となり、常用域でのドライバビリティも向上。約4%アップしたという燃費や、新しいヘッドカバーとサイレントチェーンによる静粛性なども自慢である。

また、パワートレイン以外にも、燃費向上に寄与する改良が加えられた。具体的には、ラジエターとファンの間に可動式フィンを設け、冷却が必要ないときにフィンを閉じて空気抵抗を低減するラジエターブラインドや、バッテリーの充電状態に応じて作動を休止し、駆動抵抗を減らす省エネタイプのオルタネーター、空気抵抗を低減するサイドミラー、転がり抵抗を軽減するタイヤなどが装備された。

なお、価格は据え置きのまま。

セダン
・C200 CGI ブルーエフィシェンシー:440.0万円
・C200 CGI ブルーエフィシェンシー エレガンス:485.0万円
・C200 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド:492.0万円

ステーションワゴン
・C200 CGI ブルーエフィシェンシー:460.0万円
・C200 CGI ブルーエフィシェンシー エレガンス:505.0万円
・C200 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド:513.0万円

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
Cクラス セダンCクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ジャガーFタイプ400スポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.28 試乗記 「Fペース」に「Eペース」、さらには発売が待たれる電気自動車の「Iペース」と、いよいよもって充実してきたジャガーのSUVラインナップ。この潮流の中における、ピュアスポーツカー「Fタイプ」の“立ち位置”とは? 2018年限定グレードに試乗した。
ホームへ戻る