「トヨタ・ヴァンガード」がお化粧直し 燃費向上も

2010.02.10 自動車ニュース

「トヨタ・ヴァンガード」がお化粧直し 燃費向上も

トヨタ自動車は、SUV「ヴァンガード」にマイナーチェンジを施し、2010年2月9日に発売した。

今回、「ヴァンガード」のフロントグリル、フロントバンパー、アルミホイールのデザインが改められた。さらに、めっきで飾られたサイドプロテクションモールやコンビネーションランプも採用された。

インテリアについても、全ての2.4リッターモデルにパドルシフトが与えられたほか、一部グレードでシート表皮が変更されるなど、車内の質感向上が図られた。

機関面では、オルタネーターの制御変更により、2.4リッターFFモデルの燃費性能が向上。10・15モードの燃費値は13.2km/リッター(従来比+0.2km/リッター)にアップし、エコカー減税の適用で自動車取得税と重量税は75%減免される。

カラードオーバーフェンダーや18インチホイールを備える、2.4リッターの新グレード「240S“Sパッケージ”」が追加されたのもニュースだ。

ボディカラーは、新色の「ブラキッシュレッドマイカ」「ダークスチールマイカ」「ダークグリーンマイカ」を含む、全8色を用意。
価格は、「240S」(2.4リッター/FF)の242万円から、「350S“Gパッケージ”」(3.5リッター/4WD)の336万5000円まで。

(webCG 関)

「ヴァンガード240S“Sパッケージ”」
「ヴァンガード240S“Sパッケージ”」

関連キーワード:
ヴァンガードトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ クアドリフォリオ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.12.27 試乗記 アルファ・ロメオの新型SUV「ステルヴィオ」に高性能バージョンの「クアドリフォリオ」が加わった。510psを絞り出す2.9リッターV6ツインターボユニットを得て、その走りはどう変わったか? アラブ首長国連邦随一の峠道に挑む。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(4WD/6AT)/CX-8 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.18 試乗記 マツダから3列シートの新型SUV「CX-8」が登場。既存のミニバンに代わる多人数乗車モデルであるとともに、「アテンザ」と並ぶ同社のフラッグシップという役割も課せられたニューモデルの実力をリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る