【スペック】ゴルフR(写真左):全長×全幅×全高=4220×1790×1495mm/ホイールベース=2575mm/車重=1530kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(256ps/6000rpm、33.7kgm/2400-5200rpm)/価格=505万円(テスト車=521万8000円/前席レカロ製スポーツシート=16万8000円)

フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6AT)/シロッコR(FF/6AT)【試乗速報】

GTIの大吟醸 2010.02.10 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6AT)/シロッコR(FF/6AT)
……521万8000円/515万円

「ゴルフ」「シロッコ」のプレミアムスポーツ、“R”モデルが日本上陸。真冬の箱根で、下野康史が試乗した。

両車の違いは駆動系

フォルクスワーゲン(以下、VW)「ゴルフ」と「シロッコ」に“R”が加わった。VWインディビジュアルがプロデュースするスポーティなハイエンドモデルである。2台に共通するのはパワーユニットで、両車とも新しい256psの直噴2リッター4気筒DOHCターボを搭載する。変速機は6段DSGだ。ただし、ゴルフとシロッコの大きな違いは駆動系にあり、前者がフルタイム4WD、シロッコは前2輪駆動のFFである。

「ゴルフR」は、3.2リッターV6を搭載した“R32”の後継モデルということになる。シロッコはリバイバルデビューしてまだ日が浅いが、ポジション的に先代モデルともいえる「コラード」にもスポーティなV6モデルがあった。しかし、今度は2台ともハイエンドモデルを2リッターターボでつくった。大排気量ではなく、小さめの直噴エンジンに過給器を組み合わせて環境性能にも対応するという、最近のVWの方針に則ったウルトラスポーツモデルである。

エクステリアでは、フロントグリル、フロント&リアバンパー、リアスポイラー、サイドスカート、ブラックドアミラーが“R専用”装備となる。
エクステリアでは、フロントグリル、フロント&リアバンパー、リアスポイラー、サイドスカート、ブラックドアミラーが“R専用”装備となる。
“R”に搭載されるのは、2リッターTSI(直噴ガソリンターボ)エンジン。先代の「ゴルフR32」の3.2リッターV6エンジンに比べ6ps、1.1kgmアップの、最高出力256ps/6000rpm、最大トルク33.7kgm/2400-5200rpmを発生する。
“R”に搭載されるのは、2リッターTSI(直噴ガソリンターボ)エンジン。先代の「ゴルフR32」の3.2リッターV6エンジンに比べ6ps、1.1kgmアップの、最高出力256ps/6000rpm、最大トルク33.7kgm/2400-5200rpmを発生する。
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.14 試乗記 500台の限定車として日本に導入された、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」。試乗してみると、ユニークでファニーなルックスからは意外なほどのスポーティーさやまじめな作りが見えてきた。
  • 「ザ・ビートル」に100台限定の豪華仕様 2014.11.11 自動車ニュース 日本に導入されていない「ザ・ビートル」の上級グレードが、100台限定で上陸。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ(FF/6AT)【試乗記】 2013.12.8 試乗記 フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」に、先代「ゴルフGTI」の心臓部を積んだ「ザ・ビートル ターボ」が登場。動力性能は文句なし。天下のフォルクスワーゲンが本気で作ったファンカーに似合うオーナー像とは?
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 「キャデラックATS」にシルバーの特別仕様車が登場 2017.5.18 自動車ニュース 「キャデラックATSセダン」に特別仕様車「シルバームーンライトエディション」が登場。専用ボディーカラーの「シルバームーンライトメタリック」が特徴で、電動スライディングルーフやブラッシュドアルミナムトリムなどが特別装備される。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る