【スペック】ゴルフR(写真左):全長×全幅×全高=4220×1790×1495mm/ホイールベース=2575mm/車重=1530kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(256ps/6000rpm、33.7kgm/2400-5200rpm)/価格=505万円(テスト車=521万8000円/前席レカロ製スポーツシート=16万8000円)

フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6AT)/シロッコR(FF/6AT)【試乗速報】

GTIの大吟醸 2010.02.10 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6AT)/シロッコR(FF/6AT)
……521万8000円/515万円

「ゴルフ」「シロッコ」のプレミアムスポーツ、“R”モデルが日本上陸。真冬の箱根で、下野康史が試乗した。

両車の違いは駆動系

フォルクスワーゲン(以下、VW)「ゴルフ」と「シロッコ」に“R”が加わった。VWインディビジュアルがプロデュースするスポーティなハイエンドモデルである。2台に共通するのはパワーユニットで、両車とも新しい256psの直噴2リッター4気筒DOHCターボを搭載する。変速機は6段DSGだ。ただし、ゴルフとシロッコの大きな違いは駆動系にあり、前者がフルタイム4WD、シロッコは前2輪駆動のFFである。

「ゴルフR」は、3.2リッターV6を搭載した“R32”の後継モデルということになる。シロッコはリバイバルデビューしてまだ日が浅いが、ポジション的に先代モデルともいえる「コラード」にもスポーティなV6モデルがあった。しかし、今度は2台ともハイエンドモデルを2リッターターボでつくった。大排気量ではなく、小さめの直噴エンジンに過給器を組み合わせて環境性能にも対応するという、最近のVWの方針に則ったウルトラスポーツモデルである。

エクステリアでは、フロントグリル、フロント&リアバンパー、リアスポイラー、サイドスカート、ブラックドアミラーが“R専用”装備となる。
エクステリアでは、フロントグリル、フロント&リアバンパー、リアスポイラー、サイドスカート、ブラックドアミラーが“R専用”装備となる。
“R”に搭載されるのは、2リッターTSI(直噴ガソリンターボ)エンジン。先代の「ゴルフR32」の3.2リッターV6エンジンに比べ6ps、1.1kgmアップの、最高出力256ps/6000rpm、最大トルク33.7kgm/2400-5200rpmを発生する。
“R”に搭載されるのは、2リッターTSI(直噴ガソリンターボ)エンジン。先代の「ゴルフR32」の3.2リッターV6エンジンに比べ6ps、1.1kgmアップの、最高出力256ps/6000rpm、最大トルク33.7kgm/2400-5200rpmを発生する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シロッコの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にピンク色の限定車 2016.11.10 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月9日、「ザ・ビートル」初のピンク色を採用した特別限定車「#PinkBeetle(ハッシュタグ ピンクビートル)」を300台限定で発売した。車両価格は307万円。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る