【スペック】全長×全幅×全高=5000×1900×1565mm/ホイールベース=3070mm/車重=2020kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1200-5000rpm)/価格=878.0万円(テスト車=954.3万円/Vスポークスタイリング315アロイホイール=34.7万円/メタリックカラー=8.5万円/フロントコンフォートシート=13.0万円/ヘッドアップディスプレイ=20.1万円)

BMW535iグランツーリスモ(FR/8AT)【試乗速報】

ずっと、長く走っていたい 2010.02.09 試乗記 BMW535iグランツーリスモ(FR/8AT)
……954.3万円

BMWのブランニューモデル「5シリーズグランツーリスモ」。名のとおり「グランドツーリング」を意識した、このクルマの居住空間、走りはいかに?

セダンとの違いは明らか

正直言ってわかりやすいクルマではない。目を見張るほどスタイリッシュとは言えないし、カテゴライズも難しい。広告などを見ると単に「BMWグランツーリスモ」とだけ紹介されているこのクルマは、しかし実際に付き合ってみると、これがなかなか味のある存在のようだ。

それにしても不思議な格好である。スリーサイズは全長5000mm×全幅1900mm×全高1565mm。ホイールベースは7シリーズの標準ボディと同じ3070mmだが、全長はより短く、背が高く、しかもテールゲートを備えている。最近ヨーロッパではテールゲート付きの4ドアクーペが増えているが、このクルマのパッケージングは、地上高を抑えたSUVととらえるほうが適当なように思える。

サッシュレスのドアを開けて前席へ。乗り込みがしやすいのはセダンより高めのヒップポイントのおかげだ。シートポジションも低めではどうもしっくりこない。色々試していくうちに、落ち着いたのは比較的高めの設定だった。ステアリングホイールの位置が高く、やや上向きの角度がついているからである。

これは偶然ではなく、BMWのそう座らせたいという意思によるものだろう。たしかに視界は全方位に良好だし、周囲のクルマよりわずかに高い目線が嬉しい。SUVほど極端ではなく、また周囲に対して威圧的でもなく、しかしセダンとは明らかに違った開放感、あるいは一種の優越感が味わえるのだ。

 
BMW535iグランツーリスモ(FR/8AT)【試乗速報】の画像
 
BMW535iグランツーリスモ(FR/8AT)【試乗速報】の画像
 
BMW535iグランツーリスモ(FR/8AT)【試乗速報】の画像
関連記事
  • BMW550iグランツーリスモ(FR/8AT)【試乗記】 2010.3.16 試乗記 BMW550iグランツーリスモ(FR/8AT)
    ……1158.2万円

    BMWのニューモデル「5シリーズグランツーリスモ」は、新ジャンルのスポーツクーペ。リポーターはそのスタイルにやや違和感を覚えながら試乗に臨んだ。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • BMW750i(FR/6AT)【試乗速報(後編)】 2009.4.22 試乗記 BMW750i(FR/6AT)
    ……1549万5000円


    新型BMW7シリーズとはどんなクルマで、どっちを向いて進化したのか? メルセデス・ベンツSクラスやアウディA8といったライバル車と比較しながら、その特徴を浮き彫りにしていく。
  • BMW550i(FR/8AT)【試乗記】 2010.6.22 試乗記 BMW550i(FR/8AT)
    ……1171万4000円

    407psのV8エンジンを積む「5シリーズ」の最高性能バージョンは、BMWが考える新時代のファン・トゥ・ドライブを表現していた。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • 「キャデラックCTS」が一部改良、シルバーの限定モデルも 2017.5.18 自動車ニュース GMジャパンが、一部改良を受けた「キャデラックCTS」を5月20日に発売。新しい意匠のグリルと新装備のリアカメラミラーが特徴で、価格は745万円となっている。シルバーの外装色が特徴の限定車「シルバームーンライトエディション」も同時に発売される。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る