【スペック】全長×全幅×全高=5000×1900×1565mm/ホイールベース=3070mm/車重=2020kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1200-5000rpm)/価格=878.0万円(テスト車=954.3万円/Vスポークスタイリング315アロイホイール=34.7万円/メタリックカラー=8.5万円/フロントコンフォートシート=13.0万円/ヘッドアップディスプレイ=20.1万円)

BMW535iグランツーリスモ(FR/8AT)【試乗速報】

ずっと、長く走っていたい 2010.02.09 試乗記 BMW535iグランツーリスモ(FR/8AT)
……954.3万円

BMWのブランニューモデル「5シリーズグランツーリスモ」。名のとおり「グランドツーリング」を意識した、このクルマの居住空間、走りはいかに?

セダンとの違いは明らか

正直言ってわかりやすいクルマではない。目を見張るほどスタイリッシュとは言えないし、カテゴライズも難しい。広告などを見ると単に「BMWグランツーリスモ」とだけ紹介されているこのクルマは、しかし実際に付き合ってみると、これがなかなか味のある存在のようだ。

それにしても不思議な格好である。スリーサイズは全長5000mm×全幅1900mm×全高1565mm。ホイールベースは7シリーズの標準ボディと同じ3070mmだが、全長はより短く、背が高く、しかもテールゲートを備えている。最近ヨーロッパではテールゲート付きの4ドアクーペが増えているが、このクルマのパッケージングは、地上高を抑えたSUVととらえるほうが適当なように思える。

サッシュレスのドアを開けて前席へ。乗り込みがしやすいのはセダンより高めのヒップポイントのおかげだ。シートポジションも低めではどうもしっくりこない。色々試していくうちに、落ち着いたのは比較的高めの設定だった。ステアリングホイールの位置が高く、やや上向きの角度がついているからである。

これは偶然ではなく、BMWのそう座らせたいという意思によるものだろう。たしかに視界は全方位に良好だし、周囲のクルマよりわずかに高い目線が嬉しい。SUVほど極端ではなく、また周囲に対して威圧的でもなく、しかしセダンとは明らかに違った開放感、あるいは一種の優越感が味わえるのだ。

 
BMW535iグランツーリスモ(FR/8AT)【試乗速報】の画像
 
BMW535iグランツーリスモ(FR/8AT)【試乗速報】の画像
 
BMW535iグランツーリスモ(FR/8AT)【試乗速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • BMW550iグランツーリスモ(FR/8AT)【試乗記】 2010.3.16 試乗記 BMW550iグランツーリスモ(FR/8AT)
    ……1158.2万円

    BMWのニューモデル「5シリーズグランツーリスモ」は、新ジャンルのスポーツクーペ。リポーターはそのスタイルにやや違和感を覚えながら試乗に臨んだ。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • プジョーの7人乗りSUV「5008」 今秋日本導入へ 2017.4.10 自動車ニュース プジョーが3列7人乗りのミドルサイズSUVである、新型「5008」を日本に導入すると発表した。ラインナップはガソリン車の「アリュール」とディーゼル車の「GT BlueHDi」の2種類で、導入時期は2017年秋とされている。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る