「ボルボC30」、マイナーチェンジで表情一新

2010.02.08 自動車ニュース
「C30 2.0e Aktiv」
「ボルボC30」、マイナーチェンジで表情一新

「ボルボC30」、マイナーチェンジで表情一新

ボルボ・カーズ・ジャパンは、マイナーチェンジが施された「C30」を2010年2月20に発売する。

「C30 T5 R-DESIGN」
「ボルボC30」、マイナーチェンジで表情一新

「ボルボC30」が、2007年の日本導入から約2年半を経てお化粧直し。特徴的なリアデザインはそのままに、セダン「S40」やワゴン「V50」とおそろいのイメージだったフロントまわりは、新型SUV「XC60」に似たデザインとなる。

インテリアは、エスプレッソとグレーのコンビネーションを追加するなど色の選択肢を増やすことで、個性を主張したいユーザーのニーズに対応。
さらに、オプションとして、ボルボ独自のセンターコンソール「フリーフローティングセンタースタック」に1950年代に世界中で有名になったスウェーデン、ハグストロームギターからヒントを得たという「オイスター・バースト」タイプを追加。フォグランプフレームと前後のスキッドプレート、左右のスカッフプレートからなる「エクステリアスタイリングパッケージ」も新バージョンを用意した。

ラインナップは、ベーシックな「C30 2.0e Aktiv」(295.0万円)と「C30 T5 R-DESIGN」(389.0万円)の2種類。
前者は、2リッターNAエンジンに2ペダル6MT「パワーシフト」を組み合わせるモデルで、クルーズコントロールやハイパフォーマンスオーディオなど、従来より充実した装備がセリングポイント。後者は、よりパワフルな2.5リッターターボユニットを搭載。専用のエアロパーツや18インチホイール、専用スポーツシートなどからなる内外装も特徴だ。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボC30 T-5(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.10.18 試乗記 ……426万8000円
    総合評価……★★★★★

    ボルボの新型コンパクトクーペ「C30」。ハイプレッシャーターボエンジンを搭載した最速モデル「T-5」に試乗した。
  • ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【試乗記】 2009.5.11 試乗記 ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)
    ……279.0万円/289.0万円/299.0万円

    ボルボの新しいエントリーグレード「2.0e パワーシフト」は、燃費がジマン。500kmを超えるエコラン競走に参加してわかった、その実力は?
  • ボルボC30 T-5/S40 2.4i/V50 T-5 R-DESIGN(FF/5AT)【試乗記】 2008.3.8 試乗記 ボルボC30 T-5/S40 2.4i/V50 T-5 R-DESIGN(FF/5AT)
    ……420.0万円/401.0万円/488.0万円

    「ボルボC30/S40/V50」に、共通の特別仕様車「R-DESIGN」が設定された。質実剛健な北欧メーカーは、新たなコンセプトでどんなテイストを表現したのか? 『webCG』のコンドーと関が試乗した。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る