「トヨタ・クラウン」マイナーチェンジで、燃費も改善

2010.02.08 自動車ニュース

「トヨタ・クラウン」マイナーチェンジで、燃費も改善

トヨタ自動車は、「クラウンロイヤル」「クラウンアスリート」「クラウンハイブリッド」のマイナーチェンジを実施。2010年2月8日に販売を開始した。

■2.5リッター車はレギュラーガソリン対応に

マイナーチェンジの眼目は、内外装の化粧直しと2.5リッターFR車の燃費改善。

エクステリアは全車でフロントバンパー/グリル/フォグランプ、リアコンビネーションランプなどの意匠を変更。「ロイヤル」はワイド感を強調し、「アスリート」はよりスポーティ感を際立たせたという。「ハイブリッド」については、従来「アスリート」由来のデザインだったものが、「ロイヤル」ベースのものに変更された。

インテリアは、木目調パネルの模様と仕上げを改め、色調の変更やシルバー加飾の追加などにより、上質感の向上が図られた。シート表皮の柄もリニューアルされている。

装備もグレードアップされ、HDDナビには目的地の目の前まで案内する機能を付加。ETCカードの有効期限を案内する機能や、携帯型オーディオプレイヤーとの接続を可能にするUSB端子が装備された。

加えて、2.5リッターFR車では、エンジン、トランスミッション、オルタネーターなどの制御を改良し、燃費を12.0km/リッターから12.4km/リッターへアップ。これにより、エコカー減税(50%)が適用される。
さらに2.5リッター車はFR、4WDともに、従来プレミアム指定だったガソリンが、レギュラーに変更となったこともニュース。

マイナーチェンジと同時に、新グレードも設定。2.5リッター車には、装備を絞り、価格を引き下げた「スペシャルパッケージ」と、HDDナビ付きの「スペシャルナビパッケージ」が追加に。ハイブリッドには、上級装備を与えた「Lパッケージ」「Gパッケージ」がそれぞれ加えられた。

価格は「ロイヤル」が345.0万円から543.0万円、「アスリート」が355.0万円から559.0万円、「ハイブリッド」が540.0万円から620.0万円まで。

(webCG 本諏訪)

「クラウン3.0ロイヤルサルーンG」
「クラウン3.0ロイヤルサルーンG」
「クラウン3.5アスリート」
「クラウン3.5アスリート」
「クラウンハイブリッド 」
「クラウンハイブリッド 」

関連キーワード:
クラウン ロイヤルクラウン アスリートトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • 東京オートサロン2018(トヨタ) 2018.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は「東京オートサロン2018」で“カスタマイズブース”を設営し、「クラウン コンセプト」や「ハイエース」をベースにしたコンセプトモデルを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • 第75回:安物買いの銭失い 2018.1.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第75回は「安物買いの銭失い」。「MJ戦略参謀本部」放談、第3弾。人は、激安イタ車に愛をささげ続けると、どうなるのか!? 攻めのビンボーカーマニアが、匍匐(ほふく)前進で挑んだ、愛車との日々を語る。   
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
ホームへ戻る