第128回:【Movie】シトロエン「トラクシォン・アヴァン」の運転教えます!

2010.02.06 エッセイ

第128回:【Movie】シトロエン「トラクシォン・アヴァン」の運転教えます!

ディディエ・ジュアン氏と1939年「トラクシォン・アヴァン」。
ディディエ・ジュアン氏と1939年「トラクシォン・アヴァン」。
エンジン/ドライブトレインは、このような形でモノコックボディと連結されていた。(写真=Citroen Communication)
エンジン/ドライブトレインは、このような形でモノコックボディと連結されていた。(写真=Citroen Communication)

70年以上前に作られたクルマ

「運転方法教えます!」シリーズ、3回めは初の戦前モデル編である。
お題はシトロエンの「トラクシォン・アヴァン11CV」1939年型だ。
クルマについて、おさらいしておこう。トラクシォン・アヴァン(以下トラクシォン)は、1934年にシトロエンが送り出した前輪駆動車である。機構部分はのちに「DS」も担当するアンドレ・ルフェーブルが指揮した。欧州において前輪駆動は、以前からドイツのアドラーなどが採用していたが、大量生産を前提としたモデルはこのトラクシォンが初めてだった。その直進性は、当時のクルマのなかでは超一級だったといわれる。
また、さきにランチアで採用されていたモノコックボディもいち早く採り入れ、軽量化と低重心化を達成していた。

スタイリングはイタリア生まれのデザイナー、フラミニオ・ベルトーニによるものだ。彼はスケッチを省略し、粘土を使って一夜にして縮尺モデルを作り上げた。それを見た創業者アンドレ・シトロエンの夫人――同社では夫人に新型車のスタイルを見せるのが慣例となっていた――は、即座にこのクルマが売れることを確信したという。

トラクシォンは、後継車DSが誕生したあともカタログに載り続け、1957年7月までの23年間に約75万9000台が製造された。

コメルシァルと呼ばれたハッチをもつ商用車仕様もあった。(写真=Citroen Communication)
コメルシァルと呼ばれたハッチをもつ商用車仕様もあった。(写真=Citroen Communication)
霧にかすむエッフェル塔のもとで。
霧にかすむエッフェル塔のもとで。

今回操作を説明してくれたオーナーは、パリ在住のディディエ・ジュアン氏だ。1959年生まれの今年51歳。平日は地下鉄で片道1時間かけて通勤している銀行マンである。彼のトラクシォン・アヴァンは1939年型11CVである。正確にいうと、同年の10月製。「第二次世界大戦が勃発した僅か2カ月後のクルマ」とディディエ氏は説明する。

モノコックボディのため、着座位置は同時代の他車と比べて極めて低い。ステップを省略してしまった理由がわかる。ボディから分離したアームによってエンジンが支えられているおかげで、走行中の車室内は、街なかを流している限り、これも同時期の他車と比べて振動が少なく静かだ。
当時の量産車としては贅沢なフロントのダブルウィッシュボーンは、家庭用ソファのような柔らかなシートと相まって、後年のフランス車に引き継がれる穏やかな乗り心地を実現している。
やがてセーヌ川沿いの道で、ディディエ氏は「ほら」と言ってステアングから手を放した。今も変わらぬ直進性はオーナーの自慢だ。

ビデオでは独特の操作とともに、トリップメーターの巻き戻し、小さなフロントウィンドウをゆっくりとスウィングするワイパーなど、さまざまな作動音もお楽しみいただきたい。

今回は雨の中の撮影となった。曇り始めた窓を長男のクレモン君(12歳)と三男のベノワ君(8歳)は、父親に指図されないのに黙々とスポンジで拭き始めた。ヒストリックカー家庭では、独特の教育が行われているようだ。

(文と写真=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA、歴史写真提供:Citroen)

【Movie】戦前型「トラクシォン・アヴァン11CV」の特徴は?

【Movie】「トラクシォン・アヴァン11CV」の室内

【Movie】「トラクシォン・アヴァン11CV」の運転教えます!

(撮影・編集=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。