4ドアのアストン・マーティン「ラピード」、日本上陸

2010.02.04 自動車ニュース
「アストン・マーティン ラピード」
4ドアのアストン・マーティン「ラピード」、日本上陸

4ドアのアストン・マーティン「ラピード」、日本上陸

アストン・マーティンは2010年2月4日、新型のスポーツカー「ラピード」を日本で初披露した。

エレクトリックパークブレーキを初採用、スッキリしたという運転席まわり。
エレクトリックパークブレーキを初採用、スッキリしたという運転席まわり。
「DB9」と似てはいるものの、単なるストレッチバージョンでないのが「ラピード」。ボディパネルも、ボンネットとフロントドア以外新設計となる。
「DB9」と似てはいるものの、単なるストレッチバージョンでないのが「ラピード」。ボディパネルも、ボンネットとフロントドア以外新設計となる。

■あくまで、スポーツカー

「ラピード」は、2009年9月のフランクフルトショーでデビューした、アストン・マーティンの最新モデル。日本でも昨年末から受注が始まっており、このたび初めて、国内でその姿が披露された。

その最大の特徴は、ハイパフォーマンスなスポーツカーでありながら、4枚のドアをもつこと。アストン・マーティンの量産モデルとしては初の試みで、同社の顔たるスポーツカー「DB9」の精神と4人乗りパッケージを融合、乗員全員に爽快で快適なドライブを提供するという。

価格は、2268.0万円。世界の高級車市場で、同じくスポーツカーを得意とするポルシェの新型4ドア車、「パナメーラ」らと刃を交えることとなる。

肝心のリアシートは、頭上も足元も平均的な日本人なら問題ないレベル。ホールド性も上々だ。
肝心のリアシートは、頭上も足元も平均的な日本人なら問題ないレベル。ホールド性も上々だ。
大きなハッチゲートをもつ荷室。リアシートの背もたれを倒せば、ゴルフバッグやスキー板を積むこともできる。
大きなハッチゲートをもつ荷室。リアシートの背もたれを倒せば、ゴルフバッグやスキー板を積むこともできる。

■崩れないプロポーション

「佇む競走馬のように、パワーとエレガンスを予感させる」と形容される、ラピード。その外観は、ひとめでアストン・マーティンファミリーとわかるもので、とりわけ、兄弟車である2ドアのスポーツカー「DB9」と重なる。

実際のボディサイズは、全長×全幅×全高=5019×1929×1340mm。4枚のドアとリアの居住スペースを確保したため、いわゆる2+2のDB9(4710×1875×1270mm)より30cmほど長くなっている。高さも7cmのアップだが、 Bピラーを目立たせないデザイン処理のおかげもあって、クーペのようなスマートラインをキープする。

アストンおなじみ、斜め上方に開く「スワンウイングドア」を引けば、DB9と共通のデザインでまとめられたインテリアが広がる。リアの独立型スポーツシートは、ラピードの専用設計。バング&オルフセンの高級オーディオやオプションのリアエンターテイメントシステムとあわせ、後席の住人にも爽快で快適な車室空間を提供するというもので、シートバックを前に倒せば、317リッターの荷室容量を886リッターに拡大することもできる。
なお前席も、長時間のドライブを意識したラピード専用品。さらに、チャイルドシートもオプションで用意される。

4枚のドアは、水平ではなく12度上向きに開く。
4枚のドアは、水平ではなく12度上向きに開く。
470psを発生するラピードの心臓。「DB9」等で、すでにおなじみの眺めである。
470psを発生するラピードの心臓。「DB9」等で、すでにおなじみの眺めである。
リアまわりでは、片側で360個のLEDを使うC型コンビランプが注目のポイント。
リアまわりでは、片側で360個のLEDを使うC型コンビランプが注目のポイント。

■4人で味わう300km/h

あくまでスポーツカーを主張するラピードは、心臓部もパワフルだ。フロントに収まる6リッターV型12気筒エンジンは、DB9と共通のもので、470ps/6000rpmと61.2kgm/5000rpmを発生。「タッチトロニック2」と呼ばれるZF製の6段ATを介し、1950kgの巨体を5.3秒で100km/hまで引っ張る。最高速は、DB9にわずか3km/hゆずるものの、303km/hを公称。定員4名のロケットシップである。

足回りは前後ともダブルウィッシュボーン式で、独自デザインの20インチホイールに、専用開発された「ブリヂストン・ポテンザS001」の組み合わせ。
自動で減衰力を切り替え、さまざまな走行シーンに対応する「アダプティブダンピングシステム」や走行中の車体を安定させる「ダイナミックスタビリティコントロール」など最新の電子制御も走りをサポートする。

かような「アストン・マーティン ラピード」の生産が本格的に始まるのは、今年の3月から。その舞台はオーストリア・マグナシュタイア社のグラーツ工場で、年間の生産予定台数は2000台。日本では、年間50台ほどの販売が見込まれるとのことである。

(webCG 関)

関連キーワード:
ラピードアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ラピードS シャドーエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.10.13 試乗記 「アストンマーティン・ラピードS」は不思議な存在だ。ある時はスポーツカー、またある時はフォーマルサルーン、そしてハッチゲートを開ければ“ユーティリティービークル”に早変わり。しかしてその実体は……。 特別仕様車「シャドーエディション」に試乗した。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入 2017.10.13 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年10月13日、ジャガーブランドのフラッグシップサルーン「XJ」の2018年モデルを発表し、受注を開始した。2018年モデルでは、“XJ史上最もパワフル”な新グレード「XJR575」をラインナップに追加した。
  • マセラティが「グラントゥーリズモ」と「グランカブリオ」をマイナーチェンジ 2017.10.13 自動車ニュース マセラティが「グラントゥーリズモ」と「グランカブリオ」をマイナーチェンジ。内外装や装備のアップデートが図られた新型が、成田国際空港貨物ターミナルで日本初公開された。イベントの様子とともに、車両の概要を解説する。
ホームへ戻る