ボルボ、2リッターの新型ターボエンジンを発表

2010.02.01 自動車ニュース

ボルボ、2リッターの新型ターボエンジンを発表

ボルボ・カーズは2010年1月28日、新型エンジン「2.0 GDTi」を発表した。

「2.0 GDTi」は、同社のミドルクラスの「S80」「V70」「XC60」への搭載が予定される、新開発の2リッター直列4気筒ガソリン直噴ターボユニットだ。
新エンジンは、ボルボとボルグワーナーターボシステム、ベントラーオートモーティブの共同開発によるターボチャージャーシステムを採用。鋳鉄より軽量でコンパクトなスチール製タービンハウジングをもち、吸排気両方の可変バルブタイミング機構と相まって、広い回転域で高いパフォーマンスを発揮できるという。

実際のスペックは、最高出力が203ps/6000rpmで、最大トルクが30.6kgm/1750-4000rpm。同社によれば、「従来の2.5リッターエンジン(231ps/4800rpm、34.7kgm/1700-4800rpm)に匹敵するほどパワフルで、エネルギー効率にすぐれる」とのこと。

省燃費性、低公害性も自慢で、新エンジンにオートマチックトランスミッションを組み合わせた「ボルボS80」は、リッターあたり12.0kmの燃費値を公称。なお、トランスミッションは、この「パワーシフト」のほか、コンベンショナルな6段MTも組み合わされる見込み。

この新しいボルボの心臓、日本や中国、オランダといった、2リッター未満のエンジンが税制上有利になる国々から順に供給が始まるとのことである。

(webCG 関)

ボルボの2リッターガソリン直噴ターボエンジン「2.0 GDTi」。
ボルボの2リッターガソリン直噴ターボエンジン「2.0 GDTi」。

ボルボ、2リッターの新型ターボエンジンを発表の画像
新エンジンの搭載が予定される、主力モデル「V70」。
新エンジンの搭載が予定される、主力モデル「V70」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。