【スペック】全長×全幅×全高=4215×1830×1830mm/ホイールベース=2700mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(105ps/5750rpm、15.1kgm/3750rpm)/価格=219万8000円(テスト車=265万4440円/マルチルーフレール=4万3160円/HDDナビゲーションシステム=29万6100円/リアカメラ=4万1580円/フロント・リアコーナーセンサー+インジケーター=7万5600円。装着オプションはディーラーオプション扱い。価格は工賃込み)

ルノー・カングー1.6(FF/5MT)【試乗記】

旨味をしっかり味わえる 2010.02.01 試乗記 ルノー・カングー1.6
……265万4440円

日本におけるルノー車イチの人気モデル「カングー」。ウケてる理由は「走りっぷり」の良さ。ということは、マニュアルで操ればもっと楽しい! はず。

車重なんと260kgアップ

先代(=初代)カングーは日本でカルト的人気を博した。確かに私の周囲にも3名のオーナーがいるし、少なくとも東京では本当によく見かける。これはなにも私がカングーを意識して見ている……というだけではないと思う。

ルノージャポンによれば、この新型カングーが日本導入された昨2009年9月時点で、日本だけで累計9000台が販売されたという。先代の最終期には、駆け込み需要をねらってルノージャポンが大量輸入したので、先代の累計台数は9月以降も少し伸びているはずである。しかも、現在もルノージャポンの某ショールームでは新車が置いてあったりするから、残りわずかではあるものの、まだ先代も新車を購入するチャンスはあるようだ。

そんな先代カングーだけに、この新型の全貌が明らかになったとき、先代オーナーあるいは「いつかはカングー」と思っていた予備軍の多くは面食らったことだろう。デカくなったからだ。モデルチェンジでのサイズアップはよくあることだが、カングーの場合はその巨大化の度合いがハンパではない。

まあ、欧州の同クラス商用車のサイズを見ると、もはやカングーは特別大きくもないのだが、あらためて新旧カングーを比較すると、新型は全長で18cm、全幅で15.5cm、全高で2cmも拡大しているから、ほとんど別物。先代は全長わずか4mそこそこで、全幅も5ナンバー枠におさまる日本にドンピシャのコンパクトサイズだったのに、新型は全幅がなんと1.8m超(!)である。巨大化したボディを支えるプラットフォームも先代が旧ルーテシア系だったのに対して、新型は1クラス上のメガーヌ系。1.6リッターという排気量は変わらないのに、車重もなんと260kg(AT)も増えたのだ!

防塵フィルター付きフルオートエアコン、クルーズコントロール、オートランプ、オートワイパーなどが標準装備される。
防塵フィルター付きフルオートエアコン、クルーズコントロール、オートランプ、オートワイパーなどが標準装備される。
シフトレバーがインパネから生える、通称「インパネシフト」を採用。サイドウォークスルーも可能。
シフトレバーがインパネから生える、通称「インパネシフト」を採用。サイドウォークスルーも可能。
約24リッターの容量を誇るオーバーヘッドコンソール。ボックスの中は繋がっている。
約24リッターの容量を誇るオーバーヘッドコンソール。ボックスの中は繋がっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る