第127回:速度アップゴーゴー! 「スピード大臣」がいるイタリア

2010.01.30 エッセイ

第127回:速度アップゴーゴー! 「スピード大臣」がいるイタリア

国境に記されたイタリアの制限速度。
第127回:速度アップゴーゴー! 「スピード大臣」がいるイタリア

ドーンと20-30km/hアップ!

「たっぷり熟成明太子パスタ。ソース30%アップ」「チキンラーメン。卵10%アップ」……と、日本人は増量が大好きである。いっぽうイタリアでは、高速道路アウトストラーダの制限速度をアップするアイディアが浮上した。2009年12月のことだ。

現行の制限速度は原則として130km/hである(原則と記したのは、危険箇所や気象条件などで、別の制限速度が設定されている区間があるため)。隣接国と比べると、フランスやオーストリアと同等、スイスやスロヴェニアの120km/hよりも高い。
これを安全な区間に限って150km/hまで引き上げよう、という案がイタリア上院の委員会で浮上したのだ。連立与党の一党「北部同盟」から提出されたものだった。運輸大臣も賛成の意を示すと、イタリアのマスコミは一気に「高速道路150km/hへ」と報道した。
それだけにとどまらなかった。「150km/hにアップ」が提案された後日、連立与党の第1党「自由国民党」からは、さらに160km/hまで引き上げる案まで浮上した。

その速度規制緩和は条件付きだ。
・片側3車線以上
・旅行時間計測式の自動速度取締機が設置されている区間
・天候が良好である
というものである。さらに、「一定の安全装備を備えた車両のみにすべき」という案も上がった。それにしても、現行の130km/hから一気にドーンと20-30km/hアップとは。「明太子パスタ」とは比較にならないビッグな話だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。