メルセデスのスーパースポーツ「SLS AMG」生産開始

2010.01.29 自動車ニュース
メルセデス・ベンツ SLS AMG
メルセデスのド級スポーツ「SLS AMG」生産開始

メルセデスのスーパースポーツ「SLS AMG」生産開始

独ダイムラーは、メルセデス・ベンツ ブランドの最上級スポーツカー「SLS AMG」の生産を開始したと発表した。欧州では、2010年3月27日に発売される。

最終的な組み上げ作業は、メルセデスのドイツ・ジンデルフィンゲン工場で行われる。
メルセデスのド級スポーツ「SLS AMG」生産開始

■SLRマクラーレンに並ぶ加速性能

「メルセデス・ベンツ SLS AMG」は、メルセデスの子会社であるAMGが開発を担当したスーパースポーツ。AMG自社開発の6.2リッターV8は、最高出力がシリーズ最強の571psにまで高められ、フロントアクスル後方の低い位置に搭載される。このレイアウトは、エンジンをドライサンプ式としたことで実現したもの。なお、最高速は317km/hと公表される。

事実上の先代モデルにあたる「SLRマクラーレン」は、英マクラーレン社製のカーボンコンポジットボディを特徴としていたが、SLS AMGには、オーストリアのマグナシュタイアー社が生産する、アルミスペースフレームが採用される。

フレーム重量は単体で241kgと軽量で、車重も1620kgと、最高速が300km/hを超えるロードゴーイングカーとしては軽量に仕上がっている。この高出力エンジンと軽量ボディの組み合わせにより、0-100km/h加速は3.8秒を実現。このタイムはSLRマクラーレンとまったく同じだ。

このあたり、マクラーレンの手助けなしでも高性能モデルを造れるというメルセデスの意地の表れなのか、それとも6300万円を支払った(SLRマクラーレン)ユーザーへの配慮(?)なのかは不明。ちなみに、このたび発表されたSLS AMGのドイツでの販売価格は17万7310ユーロ(約2230万円)と、SLRマクラーレンの半額以下に設定されている。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLSクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす当企画。今回も引き続き「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅なスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
ホームへ戻る