第107回:タイヤ変われば生活変わる!? 〜トラック用タイヤ最新事情

2010.01.29 エッセイ

第107回:タイヤ変われば生活変わる!? 〜トラック用タイヤ最新事情

欧米では主流の「シングルタイヤ」

タイヤという部品は地味である。ずっと前から「クルマはタイヤ4本が、それぞれハガキ1枚分の面積で地面と接して……」という言葉が使われてきたほど、重要な自動車部品のひとつでありながらも、その基本的な見た目は変わっていない。黒いゴムの固まりである。

そもそもが消耗部品なので、クルマ好きじゃなくてもタイヤ交換はしたことがある人は多いと思われるが、それは「減ったから換える」という受動的な行動によるものだろう。タイヤに興味があるという人は、スポーツ走行をするクルマ好きや、降雪地域に居住するスタッドレスタイヤユーザーぐらいではなかろうか。
しかしながら、その地味なタイヤが最近多くの人から注目を浴びている。特に昨今は、燃費(転がり抵抗)や経済性(タイヤライフ)などで、注目されることが多くなってきたはずだ。

と、ここまでは乗用車用タイヤの話。しかし、どうやらトラック業界にもタイヤ改革(?)の波が押し寄せてきているという。ということで、日本ミシュランタイヤが主催するセミナーに参加し、トラック用タイヤの最新事情を勉強してきた。

今回の主役は、「シングルタイヤ」。
大きなトラックの後輪には、片側にタイヤを2本並列に付けていることをご存じのかたも多いだろう。これが「ダブルタイヤ」である。そしてシングルタイヤというのは、そう、この2本のタイヤ部分を1本にすることなのだ。欧米ではすでに主流になりつつあるという。

「それ、なにかいいことあるの?」と、実は私も直感的に理解ができなかった。
しかし聞けば聞くほど、メリットだらけなのである。


第107回:タイヤ変われば生活変わる!? 〜トラック用タイヤ最新事情の画像
ミシュランではトラック用シングルタイヤ「X One」を、2007年2月から日本で販売している。奥が従来のダブルタイヤのサイズ。
ミシュランではトラック用シングルタイヤ「X One」を、2007年2月から日本で販売している。奥が従来のダブルタイヤのサイズ。

第107回:タイヤ変われば生活変わる!? 〜トラック用タイヤ最新事情の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ