【スペック】全長×全幅×全高=4605×1770×1495mm/ホイールベース=2700mm/車重=1570kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、19.1kgm/4400rpm)+交流同期電動機(143ps、27.5kgm)/価格=338万円(テスト車=359万3150円)

トヨタSAI S(FF/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタSAI S(FF/CVT) 2010.01.28 試乗記 ……359万3150円
総合評価……★★★★

ハイブリッドセダン「レクサスHS250h」の“トヨタ版”たる、「SAI」に試乗。キモとなる環境性能からセダンとしての実力までチェックした。

磨けば今後も武器になる

「プリウス」ほど徹底して経済性を追求しなくとも、より上級の快適性と見た目の豪華さを狙って商品性を向上させたクルマ――そういう意味で、企画は成功している。

惜しむらくは、その乗り心地が、諸手を挙げて上級とまでは言いがたい点だ。ブルブルと振動が絶えない部分だけでも改善の必要がある。思うに、サスペンションはプリウスのコンポをそのまま使用しているのではないだろうか。ここはプリウスでも“いっぱいいっぱい”のところだから、SAIでは完全に無理をしている印象が拭えない。どうせやるなら、全体のバランスを考えてカサ上げしないと、最少量の法則に従って評価は下がってしまう。

エコという課題に対して皆が邁進する時期が一段落すれば、こうした上級指向が求められるのは世の常。この分野で一歩も二歩も他を引き離したトヨタとしては、後続組につけいる隙を与えないほうがいい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SAIの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る