マツダ90周年記念、「アクセラ」&「ビアンテ」に特別仕様車

2010.01.27 自動車ニュース
「アクセラ」90周年特別仕様車(スポーツ「20S」)
マツダ90周年記念、「アクセラ」&「ビアンテ」に特別仕様車

マツダ90周年記念、「アクセラ」&「ビアンテ」に特別仕様車

マツダは2010年1月27日、同社の創立90周年を記念した特別仕様車を「アクセラ」と「ビアンテ」に設定し、同日発売した。

「ビアンテ」90周年記念特別仕様車「i-stopスマートエディション」
マツダ90周年記念、「アクセラ」&「ビアンテ」に特別仕様車

■全車「i-stop」を搭載

今回の特別仕様車は、マツダの前身である東洋コルク工業の設立から90周年を記念し設定されるもので、いずれのモデルもアイドリングストップ機構「i-stop」を搭載。「環境対応車普及促進減税(75%減税)」と「環境対応車普及促進対策費補助金」の対象となる。

アクセラの90周年記念特別仕様車は、i-stop搭載のアクセラスポーツ「20C」と「20S」、アクセラセダン「20C」と「20E(FF車)」のFF車をベースに、国内初のボディカラーとなるメタル調の薄青系「ガンメタルブルーマイカ」を採用したもの。

価格はベース車と同じで、アクセラスポーツ20Cが189万円、20Sは214万円、アクセラセダン20Cが189万円、20Eは205万円。

ビアンテに設定される「i-stopスマートエディション」は、通常は「i-stop」非搭載のベーシックグレード「20CS(FF車)」をベースに、i-stop、DSC(横滑り防止装置)、電動両側スライドドア、アドバンストキーレスエントリー&スタートシステムなどを装備した特別仕様車。

価格は、ベース車の12万8500円高となる226万円。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビアンテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • マツダ・プレマシー20E(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2010.9.7 試乗記 ……227万7000円
    総合評価……★★★★

    フルモデルチェンジで見た目が大きく変わった、マツダのミニバン「プレマシー」。売れ筋のFF、アイドリングストップ付きモデルで、中身の仕上がり具合を試した。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • マツダ・プレマシー23S(4AT)/ 20S(4AT)/ 20C(4AT) 【試乗速報】 2005.2.23 試乗記 マツダ・プレマシー23S(4AT)/20S(4AT)/20C(4AT)
    ……299万2500円/279万3000円 /239万4000円

    マツダの新型「プレマシー」は、引き算の発想でミニバンのユーティリティを向上させようという野心作である。「7」から「6」へと座席を一つ減らすことで、自由な空間を得た。『NAVI』鈴木真人が速報する。


ホームへ戻る