第401回:ついに東京モーターショーを超えた!?
 コージの東京オートサロン2010勝手に総括!

2010.01.27 エッセイ

第401回:ついに東京モーターショーを越えた!? コージの東京オートサロン2010勝手に総括!

やっぱりクルマで遊びたい人はいる!

新春恒例のギョーカイ風物詩「東京オートサロン」が無事終了いたしました。たった3日間のイベントだし、本来「東京モーターショー」と比べる規模じゃないんだけど、それでも今年は状況が状況だけに、いろいろわかって有意義な取材でありました。
特に俺は今回ほぼ3日間通しで、『アンダーステアDVD』(今度コッチも紹介します)生売りイベントやってたんで、ギョーカイの勢いを直に感じることができた。

それはまず「その気になれば自動車イベントはまだイケる」ってこと。驚いたのは来場者数で、公式発表によると3日間合計は23万7954名で、去年より9000人弱も多い! 特にすごいのは日曜日で、10万4832人と、2000人近くも増えてる。比べると去年の東京モーターショーは最大でも11月1日(日)の7万3400人!! 平日になると3万人台で、これまたオートサロンでは金曜4万人台、土曜8万人台であることを考えるとマジな話、部分的にだが東京オートサロンは東京モーターショーを超えたのだ。
以前から「記録のモーターショー、記憶のオートサロン」って話はあったけど、いよいよ記録でもオートサロンはモーターショーを超えつつある。

感覚的に驚いたのは、初日の駐車場のいっぱいさ加減。午前10時過ぎ(報道関係者は9時開場)に行ったら、駐車場の隅っこの一番遠いところに追いやられた。モーターショーの場合、完璧にがら空きで、同じ駐車場でも真ん中より近くに停められたもんね。肌で感じる温度差だけでもかなりのもんよ。

ただし、だからといってオートサロン完勝! と言えるほど簡単な話でもない。今年の福岡オートサロンは「お客様にご満足いただける展示内容を維持できない」と中止になったし、東京オートサロンでさえ以前使ってたイベントホールは使わず、出展ブースのひとつひとつが確実に小さくなった。メーカー系も前回のダイハツに続き、スズキ、スバルが出展を取りやめるなど、確実に今の不況を反映してる。

でも、面積が小さくなった分、おそらく出展フィーも安くなってて、出展社数は402社と去年に比べ2割増しだし、展示台数も625台と約12%増しと、数を減らさないようにしようという努力が見て取れる。
言っちゃ悪いけど、お役所仕事の匂いプンプンの東京モーターショーに比べ、さすがは“民間”のオートサロン。見事にお客さんのほうを向いていたと言えるだろう。


第401回:ついに東京モーターショーを越えた!? コージの東京オートサロン2010勝手に総括!
駐車場のにぎわいも、東京モーターショー以上!?
第401回:ついに東京モーターショーを越えた!? コージの東京オートサロン2010勝手に総括!
コンパニオンとそれに群がるカメラマン達も変わらず。
第401回:ついに東京モーターショーを越えた!? コージの東京オートサロン2010勝手に総括!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』