【スペック】トゥインゴ ルノースポール(写真手前):全長×全幅×全高=3610×1690×1460mm/ホイールベース=2365mm/車重=1120kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(134ps/6750rpm、16.3kgm/4400rpm)/価格=250.0万円(テスト車=同じ)

ルノー・ルーテシア ルノースポール(FF/6MT)/トゥインゴ ルノースポール(FF/5MT)【試乗記】

スポール兄弟、故郷へ帰る 2010.01.27 試乗記 ルノー・ルーテシア ルノースポール(FF/6MT)/トゥインゴ ルノースポール(FF/5MT)
……299.0万円/250.0万円

2台揃ってアツさがウリの、ルノーの新型ハッチバック。サーキットを走らせてわかった、それぞれの実力と走りの違いを紹介する。

何周しても飽きない理由

クルマの分類方法はいくつもあるけれど、「速いクルマ」と「速いと感じるクルマ」という分け方もできると思う。世の中には、「実はそんなにスピードが出ていないのに、飛ばしているつもりになるクルマ」と、「飛ばしているつもりはないのに、思ったよりスピードが出ていてびっくりするクルマ」の2種類がある。

後者の代表はアウディの各種クワトロなど。静かで乗り心地がよくてビタッと安定しているけれど、実は油断ならない。気を抜いてボーッと運転していると、スピードメーターが途方もない数字に達しているからだ。富士スピードウェイのショートコースで試乗した「ルーテシア ルノースポール」と「トゥインゴ ルノースポール」の“体育会系ブラザース”は、典型的な前者だった。もちろん速いには速いけれど、車窓の景色がコマ送りになるような非現実的な速さじゃない。それでも「飛ばしている」「攻めている」という実感が、きわめて濃いのだ。

正しいポイントで正確にブレーキを踏んで減速、「ここだ!」というところでステアリングホイールを切って、すべてのタイミングがどんぴしゃで合ったところでアクセルペダルを踏む。すると、想像していた以上にスムーズかつダイナミックにコースを駆け抜ける。

サーキットはクルマにとって魔性の場所。全開で走れるので最初の数周はどんなクルマでもよく思える。けれども蜜月を過ぎると、フツーのクルマだと次第にアラが見えてきてしまうものだ。でもこの2台は違った。ブレーキは効きもフィーリングもばっちりだし、足まわりの懐も深い。エンジンのレスポンスも抜群だ。周回を重ねるごとに上達していることや、自分が犯してしまったミスを敏感に感じ取れる。だから何周しても飽きない。用意された2台のうち、まずは“お歯黒”顔の兄貴、「ルーテシア ルノースポール」の印象から。

「トゥインゴ ルノースポール」。ごつい形状のガンメタのフレームに収められたフォグランプや、リアスポイラーとサイドスカートといったエアロパーツがノーマルとの識別点。17インチのアルミホイールもルノースポール専用デザイン。
「トゥインゴ ルノースポール」。ごつい形状のガンメタのフレームに収められたフォグランプや、リアスポイラーとサイドスカートといったエアロパーツがノーマルとの識別点。17インチのアルミホイールもルノースポール専用デザイン。
新型「ルーテシア ルノースポール」の直列4気筒ユニット。1998ccの排気量こそ先代モデルと同じだが、吸排気系に大きく手を入れたことで32psのパワーアップをはたした。
新型「ルーテシア ルノースポール」の直列4気筒ユニット。1998ccの排気量こそ先代モデルと同じだが、吸排気系に大きく手を入れたことで32psのパワーアップをはたした。
 
ルノー・ルーテシア ルノースポール(FF/6MT)/トゥインゴ ルノースポール(FF/5MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る