次なるMINIはSUV「MINIカントリーマン」公開

2010.01.26 自動車ニュース
MINIカントリーマン
次なるMINIはSUV「MINIカントリーマン」フォトデビュー

次なるMINIはSUV「MINIカントリーマン」公開

独BMWは、MINIブランド第4のモデル、「MINIカントリーマン」の概要を公開した。

■もっともツカえるMINI

「MINIカントリーマン」は、2010年1月のデトロイトモーターショーでコンセプトカーがお披露目された、“MINIのSUV版”ともいうべき「MINIビーチコマー」の市販バージョン。4枚のドアを持ち、大人4人(5人)が乗れ、荷物もたくさん積載できて、4WD車の設定もある。そんな実用性・走破性の高さを武器に、これまで同ブランドがカバーしきれなかった新たな顧客の取り込みをもくろむ。

ボディは全長4097mmで、ホイールベースが2595mm。ハッチバックの「MINI」より全長が約400mmも長く、ホイールベースは約130mm長い。「MINIクラブマン」と比べても全長が160mm、ホイールベースは50mm長く、シリーズ最大の居住空間が期待できる。

従来モデルよりシートが高めに配置され、視界や乗降性が向上しているのもカントリーマンならではのポイント。後席は2人掛けが標準、オプションで3人掛け仕様も設定される。荷室は標準状態で350リッター、リアシート格納時は最大1170リッターまで拡大する。

また、MINI初のフルタイム4WDシステム「MINI ALL4」を、一部グレード(クーパーS/クーパーD)に設定するのも特徴。通常走行時にはフロント:リア=50%:50%、状況によってはリアの駆動力を100%にまで高められる。

エンジンは、ガソリン3種類とディーゼル2種類の計5タイプを用意。ラインナップは既存モデル同様、ガソリンの最上位グレードが「クーパーS」で、「バルブトロニック」「ガソリン直噴」「ツインスクロールターボ」を組み合わせた新世代ユニット(1.6リッター直噴ターボ)を搭載。中間グレードの「クーパー」には、最高出力122psの1.6リッターNAが、ベーシックグレードの「One」には、最高出力98psの1.6リッターNAが搭載される。どのエンジンもバルブトロニックの採用により、高出力化と低燃費化が図られた。

また、ディーゼルは上位グレードの「クーパーD」に、最高出力112psの1.6リッターディーゼルターボが、ベーシックグレードの「One D」には、最高出力90psの1.6リッターディーゼルターボが、それぞれ搭載される。

このほか回生ブレーキシステムやアイドリングストップ機構、エンジンのオンデマンド制御を採用するなど、低燃費・高効率化を目指す開発姿勢「ミニマリズム」が追求されている。

■欧州仕様ラインナップ

「MINI クーパーS カントリーマン」
1.6リッター直4ターボ(184ps/5500rpm、24.5kgm/1600rpm)
0-100km/h加速 7.6秒  最高速度 215km/h
EU基準燃費 15.9km/リッター CO2排出量 146g/km

「MINI クーパー カントリーマン」
1.6リッター直4(122ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)
0-100km/h加速 10.5秒  最高速度 190km/h
EU基準燃費 16.4km/リッター CO2排出量 142g/km

「MINI One カントリーマン」
1.6リッター直4(98ps/6000rpm、15.6kgm/3000rpm)
0-100km/h加速 12.7秒  最高速度 175km/h
EU基準燃費 16.9km/リッター CO2排出量 137g/km

「MINI クーパーD カントリーマン」
1.6リッター直4ディーゼルターボ(112ps/4000rpm、27.5kgm/1750rpm)
0-100km/h加速 10.9秒  最高速度 180km/h
EU基準燃費 22.7km/リッター CO2排出量 116g/km

「MINI One D カントリーマン」
1.6リッター直4ディーゼルターボ(90ps/4000rpm、21.9kgm/1750rpm)
0-100km/h加速 13.2秒  最高速度 170km/h
EU基準燃費 23.3km/リッター CO2排出量 113g/km

(webCG 曽宮)

関連記事
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
ホームへ戻る